天然素材が生きる
気持ちのいい空間

自然が持つ力を生かした家づくりを プロデュースする[ビオハウジング]。 発酵学を建築に応用したユニークな技術で 健やかな住環境を生み出しています。

安心できる環境で
子どもたちを育てたい

家族みんなが集まるダイニング。台所はオープンキッチンで、料理しながら会話ができる

子どもが小さいうちにマイホームがほしいと思い、住宅メーカーの展示場をいくつか見て回ったが、「広い家ばかりで価格も高く、実際に自分たちが住むイメージが湧かなかった」というMさんご夫婦。ご主人の仕事関係の知り合いだった[ビオハウジング]に、家づくりについて相談をした。
[ビオハウジング]の竹森哲也さんは、かつてシックハウス症候群になり、マクロビオティックで体質改善をした経験を持つ一級建築士。天然素材にこだわり、微生物を用いたバイオテクノロジーを建築に応用するなど、他社にはない特徴があった。要望を気軽に伝えやすい雰囲気も、依頼の決め手になった。
「それまでは、鉄筋より木の家がいいなと、漠然と考えていただけだったんです。竹森さんから建築素材などの話を聞いて、やっぱり安心できる家で子どもを育てたいと思いました」。

屋久島地杉に包まれ
さわやかな風が通る家

Mさんご夫婦のお子さんは5歳と1歳。奥さまの職場に近く、住環境があまり変わらない地域で土地を探した。1年前に希望の土地が見つかり、念願の家づくりがスタートした。
設計にあたっては、庭は小さくても駐車場が3台分ほしいこと、パントリーがあり収納スペースが多いこと、子どもが昼寝できる和室があることなどを希望として伝えた。
「建築の知識があまりなくて、詳しいことは伝えられなかったんですが、竹森さんがいろいろ提案してくれました。建てている途中でも、何かあればすぐに聞いてくれたのでありがたかったですね」。
M邸には屋久島地杉がふんだんに使われており、家の中に入った瞬間から清々しい木の香りに包まれる。漆喰の壁、セルロースファイバーの断熱材を使用し、風の通りや室内の循環を工夫して設計することで、夏は涼しく冬は暖かく過ごすことができる。リビングの中央に吹き抜けがあり、家全体が一つの空間としてつながっている感じが心地よい。

家族の動きを考えた
暮らしやすいスムーズな動線

暮らし始めて気づいたのが、臭いがないこと。「おむつ替えの後に臭いが残らないし、トイレも臭くないんですよ」。バイオ加工した天然素材が、臭いや電磁波も抑えてくれるため、日々の暮らしが快適だ。
動線の良さも暮らしやすさのポイント。駐車場と入り口が近く、ベビーカーは玄関のシューズクロークに収納できる。洗面所と縁側の間にドアがあり、洗濯物を干すのもスムーズだ。階段はリビングの中央にあるため、将来子どもが自分の部屋で過ごすようになっても、コミュニケーションが取りやすい。
「越して来てまず、子どもたちが裸足で走り回れるのがいいなと思いました」という奥さま。伸び伸びとした環境で育つ子どもたちの成長が楽しみだ。

この建築を手がけた会社

  • ビオハウジング タケモリ一級建築設計事務所
  • 〒808-0103  福岡県北九州市若松区二島1-3-29
  • 093-791-0264
  • http://biohousing.jp