穏やかな光、豊かな木の香り
“和”の情緒あふれる家

白い壁と障子に、革張りのローソファー。 和と洋がしっくり馴染んだ、明るくのびやかな空間。 若いご夫婦が求めたのは、木をふんだんに使った和モダンの家。 どこもかしこもお気に入り、自慢の我が家になった。

広々とした空間に繊細な造作
すべてが思い通りの家づくり

深い軒と大屋根が印象的なN邸。そのプロポーションから平屋にも見える落ち着いた佇まいに対して、吹抜けのあるリビングルームは驚くほど開放的。さらにその空間を彩るのが、連続した内障子や木格子など町家にも通じる意匠たち。「木のぬくもりのある和の雰囲気の家にしたかった」とNさん。そのイメージにぴったりだったのが[サン建築工房]の家づくりだった。

陽だまりでくつろぐNさんご家族。ウッドデッキと言うより縁側と呼ぶほうが似合いそう

1階はリビング階段を中心にぐるりと回遊できる広がり間取り。すべての部屋が吹抜けのリビングルームとつながり、家中どこにいても家族の気配が伝わってきそう。無垢の床は素足にさらりと気持ちよく、「家が完成し引越しをしたころ子どもがハイハイを始めました。歩くようになった今では、階段のまわりをぐるぐるまわって遊んでいます」とのびのび子育てをしているNさん。生まれて初めて触れ合う世界が、柔らかく温もりのある自然の木肌。Nさん夫婦がこだわった家づくりが子どもの五感をイキイキと育んでくれるようだ。
さらに広々とした生活空間を楽しむため、たっぷりの収納スペースをオーダーしたNさん。寝室のウォークインクローゼットや廊下の物入れ、玄関収納、食品庫など、収める物の量やサイズ、使い勝手を考え細やかにデザインされている。「洗面所と分けて配置した洗濯脱衣室には壁面いっぱいに棚を設け、上段にはタオルや洗濯小物、下段にはバスケットを並べ洗濯物を分類しています。キッチンの食器棚もカウンターの高さや棚の位置を細かく指定し、ゴミ箱もスッキリと収めるなど、何度も打ち合わせをしてすべて希望通りになりました」。

室内のドアをはじめ建具はすべて職人による手づくり。棚の配置などは細かなオーダーに対して既製品を使わず、手間を惜しまず無垢材で造作するのが[サン建築工房]の家づくり。「お気に入りの場所はキッチンに洗面所、和室も好き。すべて希望を叶えてもらいました」。

九州の家は九州の木で建てる
快適に気候風土を住みこなす

無垢材をふんだんに使った住まいは、豊かな木の香りが永く楽しめ、わが家に居ながらリフレッシュできるのも魅力。「自分は慣れてしまって分からないのですが、外出先で木の匂いがすると言われることがありました」とNさん。

[サン建築工房]の家づくりは、「九州の家は九州の木で建てる」をモットーに、構造材をはじめ内装材としても阿蘇小国杉を使用している。その特徴のひとつが構造材としての粘り強さ。それは阿蘇小国地方が朝夕の寒暖差が大きいからで、台風の多い九州地方には最適な木材と言える。さらに化粧材としても木肌が美しく、自然の風合いと癒しをもたらしてくれる。
また、設計においては「居心地のいい健康で安全な住まい」を目指す同社。その土地の特性を見極めプランに活かす工夫もそのひとつ。南向きに配されたN邸のウッドデッキは深いひさしが夏の強い日差しを遮り、大きな窓から室内に自然の風を取り込んでくれる。立地環境を考慮しながら優れたデザインへと昇華させる。N邸の和モダンスタイルの外観には、四季を快適に住みこなすための工夫が盛り込まれている。

ひとつとして妥協のない
暮らすほどに「いい家」

広々とした空間ながら冬場リビングのエアコン1台で家中暖か。夏は計画的な窓の配置で爽やかな風が通り抜ける

以前から「家を建てたい」と強く思っていたご主人に対して、「特に家が欲しいとは思っていなかった」と話す奥さま。ところが家づくりがスタートすると、とことんこだわったのは奥さまのほう。「主人は好きにしていいよと言うので、ほとんど私が打ち合わせをして細かな要望を伝える作業の連続。出産後と時期が重なり大変なこともありましたが、何ひとつ妥協することなく、満足いく家づくりができました」。

オープンな2階の子供部屋。将来、必要に応じて仕切って使う。正面の窓からは海が見渡せる絶好のロケーション

建築中に現場を見に行っても、「マイホームの実感がわかなかった」と話すご主人。それが新居で暮らし始めると「木の香りが心地よく、広々としているのに冬でも温かい。ふたりで毎日、いい家だねと言っていました」。隅々まで想いが込もった我が家。これから永く家族の思い出が刻まれていく。

この建築を手がけた会社

  • 株式会社 サン建築工房
  • 〒803-0814  福岡県北九州市小倉北区大手町3-1
  • 0120-36-2732
  • http://www.sunken.co.jp