変形地を建築デザイナーの手で
“素敵な個性”にアレンジ!

自然素材の安くていい家を手掛けるトリカイホームと 建築デザイナーが出会い生まれた土間のある家。 コスパを追求した[トリカイホーム]の限定住宅。

変形地のマイナスをプラスに
建築デザイナーと強力タッグ

佐賀県三養基郡や鳥栖市、福岡県小郡市や筑紫野市エリアを中心に、自然素材にこだわりながらも予算を抑えたコストパフォーマンスを実現することで、マイホームの夢を叶える家づくりを手掛けてきた[トリカイホーム]。自然素材を使用し、夏は涼しく冬は暖かい家をベースに、自由設計の注文住宅を提案してきた。
そんな同社がはじめて建築デザイナーとコラボレーションすることになったのは、佐賀店のオープンがきっかけだったという。店舗デザインを依頼した建築デザイナーとつながりが深まり、分譲地を案内したところ、「こういう特徴のある土地ってワクワクしますね…」と話が進み、コラボレーションが実現したのだそう。

設計するにあたり最大の課題となったのは、2つの小さな川の合流地点に挟まれた尖った土地をどのように活かすか。船型の変形地という難しい条件ではあるが、土地から隣家まで川を挟んで距離があり、窓からの眺めは見晴らしが良い。そこで、建築デザイナーが設計したのは、デメリットをメリットに変えてしまう家。窓の位置にこだわり景観を楽しめるだけでなく、南側には土間スペースを設け、暮らしと遊びを見事に融合させた『DOMA(ドマ)空間のある家』が誕生した。

「変形地の設計は難しいものですが、建築デザイナーさんとコラボできたことで、新しい発見がいくつもありました。建設家+トリカイホーム=『+αの家づくり』をぜひ見て頂きたいです」と住宅部企画の篠崎さんは話す。

心地よく回遊できる動線で
家族みんなが自然と笑顔に

間仕切りで冷蔵庫を見えなくする、洗面台と脱衣所の間を仕切るなど、生活感を出さないような細やかな配慮がなされている
目の前には大きな窓があり、開放的な雰囲気。見晴らしの良いキッチンだと料理も捗りそう!

家族が集うリビングダイニングを中心にして、多目的に活用できる土間スペースがあり、その向かいの窓にはスタディ&ワークスペースに最適な造り付けのカウンターがある。キッチンを通り抜けると、トイレ、洗面、バスルームへ。人がぐるりと回遊できる間取りは、見ただけで使い勝手が良さそうだ。窓辺の土間スペースは、お気に入りの自転車を置いたり、子どもたちの遊びスペースにもなる。そのままテラスへと続くため、窓を開放してBBQを楽しむのも素敵。家の真ん中から自然のパノラマを望むキッチンは、奥さまのとっておきの場所になりそうだ。「窓の大きさや高さにこだわるだけでなく、室内の電気を埋め込みタイプにするなど、スッキリと広く感じられる工夫もしています」と篠崎さん。それでいて、収納スペースがたっぷりあるのも大きな安心の一つに違いない。

こだわったのは「経年美化」
本物の木の温もりが伝わる家

床材に使用するのは、強度があり傷が付きにくい栗の木。日本家屋では昔から土台としても使われてきた程の耐久性に優れた木材で、はっきりと浮き出た木目は、月日が経つほどに愛着が増し、「経年美化」を実感できる。塗料には子どもの玩具塗料として世界的に知られている、ヨーロッパの安全規格に適合したリボス社の自然健康塗料を使用。住宅設備のグレードはもちろん、断熱材には気密性、断熱性能に優れたアクアフォームを使用。耐震性も考慮し、構造のパネルにダイライトを使用するなど、安心、安全にもこだわった、さらには、建築家がデザインを施すという欲張りな家づくり。その第1号となる住まいには、オシャレに暮らしたい家族の想いにフィットするさまざまな要素が散りばめられていた。

トリカイホームが提供したいのは、自然素材の安くて良い家。いたるところに天然の木が使われ、ふんわり優しい木の香りに包まれる

この建築を手がけた会社

  • トリカイホーム 鳥飼建設株式会社
  • 〒841-0204  佐賀県三養基郡基山町宮浦991-2
  • 0942-92-2020
  • http://www.torikaiken.co.jp