西海岸&東海岸テイストを
両方楽しめるリラックスハウス

ご主人はブルックリンスタイル、奥さまはカリフォルニアスタイル。 それぞれの好みを少しずつ持ち寄ったら、 家族はもちろん友人たちにも愛される 最高に居心地のいい家が誕生しました。

思い描いていた暮らしが
早くも実現し始めた!

夏にはリビング前のデッキにプールを出す予定。デッキは手入れのしやすさを優先し、樹脂性の素材で造った

大きなヤシのシンボルツリーがひときわ目を引くA邸。その佇まいはまるでアメリカ西海岸のサーファーズハウスのよう。この家のご主人・Aさんは、ここで暮らし始めてまだ2週間ほどにも関わらず、「友人たちと、もう2回もBBQを楽しみました」とにっこり。思い描いていたライフスタイルを早くも楽しんでいる様子。さらに家の中にお邪魔してみると、今度はアメリカ東海岸のモダンなムードがお出迎え。ここでは奥さまが、「夫婦それぞれの好みを持ち寄ったら、最高に居心地のいい家ができました」とこちらもにっこり。

共働きで忙しくしている分、ゆったりくつろげる空間が欲しい、というリクエストは、天井の高いLDKやスムーズな動線で見事に叶えられた。「間取りはほぼ川口さんの提案。お願いして本当に良かった」とAさん。実は家づくりすることを決め、最初に出会ったビルダーが[川口工務店]だったのだ。

確かな性能にも支えられ
生まれた居心地のいい空間

Aさんと[川口工務店]との出会いはなんとスタジアム。「サガン鳥栖」のサポーターである夫婦が応援で訪れていた時、看板を目にしたのがきっかけだ。
「その頃、夫婦の間で何となく〝家を建てようか〟という話は出ていたのですが、知識が全くなくて。そんな時に看板を見て、軽く話を聞くつもりで訪ねたんです」。すると…、「代表の川口さんと世代が近く、ものすごく話しやすくて。家づくりに関しても、丁寧に根気よく、ひたすら相談に乗ってくれたんです。それで〝わが家を任せられるのは川口さんしかいない!〟と」。そうして生まれたのがこの、夫婦の好みと高気密・高断熱が共存した家。初春は暖かく梅雨は爽やか。その快適性にとにかく驚いているそう。「今では川口さんと家族ぐるみで旅行に行くほどの仲に。家づくりでこんな出会いがあるとは」とAさん。その顔には喜びがあふれていた。

お気に入りのLDKの床はパイン材。天井と同じ仕上げにして統一感を出した

この建築を手がけた会社

  • 株式会社川口工務店
  • 〒849-0933  佐賀県佐賀市卸本町4-2 スクエア佐賀3F-C
  • 0952-37-7850
  • http://kawakou.sakura.ne.jp/