長い軒が守る和の住まい
家族の笑顔も咲いてます

[ホームラボ]が提案する和の住まい『SUMUTO』を ベースにした家づくり。長い軒に守られたわが家では Yさんご一家の明るい笑顔が咲いています。

和の趣を大切にした
オープンでモダンな造り

真っ白な壁を守るように、屋根から長い軒が伸びているY邸。玄関の前にもまた長い下屋(母屋から差し出して設置した屋根)が設けられ、奥から今にも子どもたちの元気な声が聞こえてきそう。一般の住宅なのに、どこか昔ながらの学校のような、オープンな雰囲気を醸し出しているのだ。

Y邸のベースとなったプランは、[ホームラボ]が提案する現代の暮らしに似合う和の家『SUMUTO』。外観・内観ともに一貫して和の趣を保ちつつ、注文住宅の自由度と高いデザインセンスも併せ持つコンセプトハウスだ。
昔から無垢材をはじめとする自然素材を使った、和モダンな家に憧れていたYさんご夫妻は『SUMUTO』の魅力に共感。「家の中もとても気に入っていますが、いちばん気に入っているのは、この長い軒かもしれません」。ご主人は朗らかにそう話してくれた。

シンプルな設計を支えるため
より高い性能を追求

伝統的な日本の住まいがそうであるように、『SUMUTO』の基本設計はとてもシンプルだ。さらに、断熱性をはじめとする機能性が高いため、空間を細かく仕切ることなく、広いまま活用できるのもうれしい魅力だ。
「間取りは生活動線の良さなどを考えて数パターン用意されていて、私たちはその中から気に入ったものを選びました。その後、床や天井、壁、窓枠などの素材や色を選び、ニッチや照明を付ける位置を決めていけばOK。すべて1から選んでいくのは大変ですが、ある程度良い選択肢が用意されているので打ち合わせも楽しく、スムーズに進みました」。

住んでみて驚いたのは、室内の快適性だったそう。「長い軒が夏の厳しい直射日光を遮ってくれるので、外が暑い日でも中は涼しいまま。冬は低い位置で移動する太陽の光をうまく取り入れてくれるそうなので、楽しみにしています」。
しかも『SUMUTO』の窓はリクシルのトリプルガラス・サーモスXが標準。大きな開口部を設けても外気の影響は最低限に抑えられている。

「和の家らしくガラス窓に障子を組み合わせた造りも気に入っています。障子があるおかげで外気の影響も感じませんし、閉めていても室内では柔らかな光を感じられるので気持ちがいいですよ」。
その障子を開けると、目の前にはウッドデッキと広い庭が。この光景もまたとても気持ちがいい。

センスの良いスタッフに感謝
これからも長いお付き合いを

庭にはジューンベリーやブルーベリー、レモンなど実りが楽しみな木々を植えた。「植物の生長や子どもたちが庭で遊ぶ様子を眺めながら、縁側に座って夫婦で“ちょい呑み”できたらいいな」とおふたり。おふたりは家づくりを振り返り「予算を活かして想像以上にステキな家ができたのは、すべてホームラボさんのおかげ」と話してくれた。
「センスの良いスタッフさんが多いので、家具も一緒に選んでもらったほど。これからもこの家と一緒に、長いお付き合いをお願いしたいですね」。
ご家族同様、ナチュラルで優しい雰囲気に包まれたY邸。時が経つほどに風合いが増して美しくなる、今後の変化も楽しみだ。

この建築を手がけた会社

  • 株式会社 ホームラボ
  • 〒839-0809  福岡県久留米市東合川7-6-7 1F
  • 0942-45-6061
  • http://www.homelabo.com