家族がこだわった「暮らし方」
自然素材のやさしい家

夫婦と育ち盛りの子どもが二人、 秋には新しい家族が誕生する予定のDさん家族。 家族の暮らしに合った住まいを作りたい。 そんな夫婦の想いが詰まった家は、 まるで森林浴のような心地よい場所。

家族みんなが集まる場所は、明るく過ごしやすいスペースに。白に統一した塗り壁が光を取り込み、いつでも明るく

こだわり症のご主人と
実現させるビルダーの技

ご主人が生まれ育った場所に住まいを建てると決め、自然素材の家で評判が高い[すまいプロデュース]を選んだDさん夫婦。「以前から会社自体は知っていたので安心感はありました。また、身体にもやさしい家ということで子どもたちにも安心なところ、エア断熱構造など機能的な面が充実していることも大きかったですね」。建てると決めたら、とことんこだわるのがご主人のスタイル。理想の家を作り上げるためにまず行ったのは〝間取りづくり〟だったそう。「はじめはただメモ程度に書いてたんですが、いつのまにか本格的な間取りになってました」と恥ずかしそうに笑う。「自分の書いた間取りをかなり忠実に再現してもらえました。もちろんすまいプロデュースさんに相談しながら作っていったので、満足のいく住みやすい間取りになったと思います」と話す姿は、どこか誇らしげに見える。

住みやすさと機能性
進化した住まいの形

奥さまが希望したのは、玄関から直接キッチンに行くことができる動線。玄関横にシューズクロークを設け、キッチンへ上がれるよう回遊をつけた。「買い物の荷物もすぐにキッチンへ運ぶことができる。これってかなり便利ですよ」とニコリ。玄関~キッチン~ランドリースペースと、家事動線が集約されているのも主婦にはうれしいポイントだ。ご主人がこだわったのは、LDKの明るさと広さ。部屋の圧迫感を減らすため、壁は白色をチョイス。壁に使用した塗料は、99%ミネラル成分の粘土と、天然白色珪藻土で作られた塗り壁材。身体にも環境にも優しく、抗菌、消臭、調湿効果もあるという優れものだ。ビニールクロスを使用していないので、まるで森林浴をしているような心地よい空間に。光熱費削減の特許取得省エネ工法『エア断熱』を熊本で初搭載しており、1年通して快適な暮らしを実現する。

アイデアは柔軟に
家づくりは二人三脚

「打ち合わせはたくさんしましたね。施工中に決めたこともありますし。柔軟に対応してもらえるので助かりました」。話し合いを重ねながら、理想の家を作っていく。家づくりはビルダーとの二人三脚。気になったことは、その都度解決しながら進めていったと振り返る。それは夫婦での話し合うときも同じこと。「外壁の色、ドアの色、間取り…。ことごとく意見が食い違ったんです。お互い妥協しながら…、いや譲り合いながら進めていきました(笑)」と夫婦は顔を見合わせ微笑む。家族の「暮らし方」を忠実に再現した住まいは、家族とビルダーの努力の結晶として存在し続ける。

子ども部屋の塗り壁は子どもたちがチョイス。お兄ちゃんは青色、妹ちゃんはピンク。「ここが僕の部屋だよ」。「私の部屋はこっち!」。自分のスペースができたことが、何よりもうれしい様子

この建築を手がけた会社

  • 株式会社すまいプロデュース 一級建築士事務所
  • 〒860-0066  熊本市西区城山下代 4-10-16
  • 0120-358-724
  • http://sumai-produce.com