家族のスタンダードを考えた
陽だまりの中庭を囲む家

家族がつくりだした 思い思いに過ごせる自由な住まい。 住宅のスタンダードではなく、 家族のスタンダードを大切に。 建築家の技が光る、家族らしい家。

家づくりには潔さが必要
信頼から生まれた間取り

駅にも近い住宅街の中に建つS邸は、新鮮な感動と住みやすさの意味を私たちに教えてくれる。再婚をきっかけに家づくりをはじめた家族。新しいスタートに選んだのは、モダンなデザインと機能性で圧倒的な人気を誇る[ロジックアーキテクチャ]の住まいだった。実はご主人、仕事で家づくりに携わっており、家づくりに関しては全くの素人ではない。知識がある分、こだわりも強かったのでは?と質問してみると、「いざ家を建てるとなると、そんなに希望が出てこなかったです」と笑う。家づくりにはある種の潔さが必要。知りすぎているからこそ、プロに任せるのが一番と考えていた。「任せることができたのは、ビルダーと建築家に対する絶対的な信頼感があったからこそ」と話す。希望したのは平屋建てであることと、中庭がほしいということ。奥さまの希望も入れながら意見をまとめ、建築家にそのままぶつけてみたそう。できあがった間取りは想像以上の出来栄え。「もうこれでいきましょう! と言いたくなるぐらいの間取りで。実際、1カ所変更を加えただけで、あとはほぼ初見の間取りで進みました」。

扉を開けると驚きの連続
斬新+住みやすさの両立

家族に合わせてつくられたS邸の間取りは、話を聞くたびに「そういう意味があるのか」と驚かされるばかり。リビングに繋がるドアがあって、リビングにはちょっとした和室がある…。そんなよくある間取りとは、明らかに違う。住まいのスタンダードよりも、家族のスタンダートに合わせた間取りは、楽しみながら暮らすという最高の希望を叶えてくれる。玄関の扉を開けるとまず目に入るのは、モダンな土間スペース。玄関から見えるフロアはすべて土間続き。壁を隔てて右へ進めばリビングへ。左に進むと、シューズクロークを経てキッチンへと繋がっている。昔ながらの土間の良さを生かしながら、現代風にアレンジしてスタイリッシュかつモダンに。高校生の息子さんが通学に使う自転車をこのスペースに置くことができ、実用性も十分とのこと。「土間なんて一言も言ってないのに、まさかのデザイン。室内犬がいる我が家にとっては、ありがたいアイデアでした」。次に驚かされたのは、玄関横に位置する和室。住空間からは土間を通らないと入れないという離れ感覚の部屋。一見使いにくいのではと思いきや、「お客様には居住スペースをあまり見せたくないので、わざと玄関横にとお願いしたんです」と奥さま。「お客様用として考えていたつもりが、家族がふと一人になりたいと思ったときに過ごすためのスペースになっちゃってます。離れという感じが居心地がいいみたい」と微笑む。

ここでどう過ごすか
ロジック的中庭の楽しみ方

絶対条件として希望したのは、平屋であることと中庭があること。念願の中庭には、[ロジックアーキテクチャ]でも取り扱っている、屋外用のソファやテーブルを置いて、より住空間に近い空間を作り上げた。バーベキューをしたり、本を読んだり、ぼーっと佇んだり…。思い思いの過ごし方ができるスペースとして活躍中だ。「長男は以前からベランダで寛ぐことが好きだったようで。そんな場所を作ってあげたかった」と奥さま。話しの節々に、年頃になった息子さんへの愛情が顔を出す。LDKに隣接する子ども部屋は五畳と狭め。「ここは寝るだけのスペース。子どもは狭いって文句を言ってますけど、なんだかんだでリビングや中庭で過ごしてくれてます(笑)」。友達が遊びに来ることもあり、息子さん自ら料理を作って、中庭で振る舞ったりしているんだとか。リビングで話しをしてたり、書斎カウンターで勉強したり、和室で寝そべってみたり。息子さんも新しい住まいを自分なりにしっかり楽しんでいるようだ。もちろん夫婦の時間も大切に。ご主人のお気に入りの場所はキッチン。「簡単なおつまみを作りながら、夫婦水入らずで晩酌するのが何より落ち着く時間です」と笑顔で話す。ときには家族で、ときには夫婦で、ときには一人で。家族のちょうどいい距離感を実現できるというのは、想像以上に暮らしを豊かにするようだ。

中庭は家族の特等席。ファサードに格子を設けることで、プライバシーにもしっかり配慮。大きな窓から入る陽射しは、家全体を明るく照らし出す
外観のメインカラーはグレーをチョイス。土間があるおかげで、自転車などは外に出す必要がなく、常にスッキリとした印象に

この建築を手がけた会社

  • 株式会社 ロジック Logic Architecture
  • 〒862-0968  熊本市南区馬渡1-2-26
  • 096-378-0649
  • http://www.arc-logic.net