光と陰と木の表情
求め続けた心地よさと美しさ

「こんな家に住みたい」 たとえ困難な願いであっても きっと叶えてくれる人がいる。 信じた道を伴走してくれる パートナーとの出会いが 幸せな家づくりの 原点だった。

どうしても叶えたかった
憧れの床を実現するために

存在感のあるヘリンボーンの床材を主役に、インテリアや建具を組み合わせた。ヴィンテージ感を漂わせるアイテムが、スパイスのように効いている

細い木目を直角に交差させ、床に複雑な表情をつくりだすヨーロッパの伝統技法、ヘリンボーン。日本の一般住宅ではめったにお目にかかることはない趣向に一目惚れしてしまったのが、この家の主であるMさんだ。「家を建てようと決めて、最初にこだわったのが床。初対面の営業さんにもヘリンボーンはできますか? と聞いて回っていたから、何事かと思われていたでしょうね(笑)」。ところが、念願はなかなか叶わなかった。「どこへ行っても、経験がないといわれて…」。どうしても諦めきれず、探し出したのが[アーキハウス]のホームページだったそう。「ここなら夢を現実にしてくれる」と喜び勇んで出かけた同社で、夫妻は設計士の岩田さんと運命的な出会いを果たした。「できますよ、という岩田さんの笑顔が、どれだけ頼もしかったことか!」。

リビングから庭へ、ゆるやかに繋ぐウッドデッキ。まばゆい朝日と吹き抜ける風が心地いい

理想と現実を見据えた
親身な家づくりに共感

のどかな田園風景に囲まれたM邸。もともとご主人の祖父母が暮らしていた、思い出の地でもある。「地震をきっかけに建て直すことになり、譲り受けました。両親が隣に住んでいるので子育ての環境もバッチリです」と長男Tくんを抱き上げるご主人。学生時代に建築を学んだ経験を生かし、ネットや雑誌をフル活用して情報収集を開始。建てたい家のイメージを固めていったのだとか。展示場にもたびたび足を運んだというが、営業担当者に要望を伝えても図面に反映されないというジレンマが続き、パートナー探しは難航した。そんなとき出会ったのが[アーキハウス]だったという。「要望を伝えたら、岩田さんがその場で図面を描いてくれたんです。そんな経験は初めてだったし、そうだ、このスピード感がほしかったんだ!と気づいて、すぐに心が決まりました」。

同社の特徴は営業スタッフが存在せず、最初から引き渡し後まで一人の設計士が担当するというスタイル。時間をかけて信頼関係を築くからこそ、要望の奥底にある本音まで汲み取ることが可能になり、満足度の高い家が完成するという。また、専属の保育士が在籍するのもユニークだ。「子どもが生まれたばかりだったので、優しい心遣いにホッとしました」と微笑む奥さま。念願だったヘリンボーンの床は、覚悟していたよりも随分と抑えた費用で叶ったのだとか。「一般的な床材に比べると費用はかかりますが、その分どこかでコストを削る工夫をすればいいんです」と担当設計士の岩田さん。かけるところにしっかりかける、抑えられるところは無駄なく抑える。当たり前のようで難しい対応が、家づくりへの真摯な姿勢を雄弁に語る。

自然の力を活用した
パッシブデザインの家

錆のような加工を施した天板が、ハードな雰囲気に調和するアイランドキッチン。造作の収納も使い勝手は抜群だ

「マイホームを建てたい」そう考える人のうち、ほとんどが光のさんさんと降り注ぐ明るいリビングを想像するだろう。だがしかし、M邸の魅力は真逆ともいえるものだ。深い軒がほどよい陰をつくり、木材の自然な陰影を浮き上がらせるLDKは「夫婦そろって、眩しいのが苦手。あまり明るくなりすぎないようにしたい」というオーダーから生まれた。ウッドデッキの上に張り出した軒は、夏は強い直射日光を遮り、冬は高度の低い陽光も確実に取り込むパッシブデザイン。家族のライフスタイルに最適な居心地のよさとともに、断熱性能をより高めてくれるというメリットも兼ね備えている。なるほどと頷く取材班に対し、「明るさや床にはこんなにこだわったのに、家事動線に関しては全部おまかせでした」とおかしそうに笑うのは奥さまだ。岩田さんの提案をほぼそのまま取り入れたという間取りは、アイランドキッチンを起点にぐるりと水まわりを回遊できるレイアウト。「びっくりするほど使いやすいね」と夫婦で顔を見合わせているのだとか。

休日はもっぱら家族でお出かけというアクティブなMさん一家だが、家ではとことんくつろげるように配置を考え抜いた。例えば、ソファに座る家族を想像してリビングの畳数を決める。どんな風に過ごす時間に幸せを感じるか、改めて見直すきっかけになったと語るご主人は「この家にいると、眠くなってきますね」と伸びやかなあくびをひとつ。Tくんも相棒の恐竜の人形を抱きしめながら「ふわぁ〜」と小さな口を精一杯に開く。家族が芯からリラックスできる空間づくりは大成功のようだ。

2Fにはそれぞれの個室を。将来は2部屋に区切る予定というキッズルームも、今は広いプレイエリアとして活躍中

この建築を手がけた会社

  • 株式会 社アネシス アーキハウス 一級建築士事務所
  • 〒862-0968  熊本市南区馬渡1-15-3-1F
  • 096-285-6580
  • http://www.archi-house.jp