「坪単価に落とし穴が!?
家づくりで失敗しない方法」

家づくりで大事になるのは、やっぱりお金のこと。 CMなどで見る『坪単価』という言葉が気になってしまう。 そんな人も多いのではないだろうか? 「坪単価はきちんと中身を理解する必要があります」 と話すのは[アーキブレイン]の吉村代表。 坪単価を知ることで、 家づくりの失敗は一つ減ることになるハズ。

分かりやすそうで、 分かりにくいのが坪単価

タイトルが単刀直入すぎますが…(笑)。今回は「坪単価」についてお話ししたいと思います。この話をしようと思ったのは、坪単価という言葉に惑わされている人が多いなと思っているからです。坪単価って分かりやすそうで、実はとっても分かりにく数字なんですよね。

株式会社アーキブレイン 建築デザイナー
吉村 昌高氏

まずは言葉についての説明を。坪単価とは、〝建築にかかる総額÷延べ床面積〟です。こう聞くとすごくシンプルで比較しやすそうな数字ですよね。でも実はそうじゃないです。ここで重要なポイントは、各社によって「建築にかかる総額」に対する考え方が違うということ。もっと簡単にいうと、会社によって総額に含まれるものと、含まれないものがあるということです。A社の場合は、付帯工事の価格を総額に含んでいるけど、B社は建物のみの金額だったりするわけです。ちなみに付帯工事とは、本体工事以外に必要となる工事で、ガスや電気などの引き込み、地盤の調整やなど、建物本体に付随するさまざまな工事費用をいいます。それが総額に含まれてないなんて、なんか詐欺みたいな話ですが(笑)。でも実際に坪単価に対する考え方は、各社によって違うんです。

はじめに説明された 坪単価で家が建つことは?

以上のことからも分かる通り、坪単価で家を決定するのはちょっと早計かもしれません。+αで増えることもあれば、コスト削減することもできる。ケースバイケースで変わるものなので、初めから坪単価を出すことはとても難しいんです。なので、それにこだわることはあまりおすすめしませんね。どうしても坪単価で比較したいというなら、自分で計算するのが一番! その会社が実際建てた家の総額を聞いて、自分で計算してみるのが良いと思います。そのときは、ちゃんと付帯工事などの予算が含まれているのかチェックすることをお忘れなく!

平屋が不可能な立地に 注文住宅ならではの家

注文住宅だと坪単価ではなく、あらかじめ予算内で総額を考えるので失敗は少なくなります。無駄なコストも削っていくので、コストパフォーマンス的にも優れているのではないでしょうか。今回[アーキブレイン]が建てた物件は、これぞ注文住宅という住まいです。敷地も広くなく、北側が道路、南側に建物がある立地。ほかの住宅メーカーでは2階建てを提案されると思います。ただ施主様の希望が、平屋でかつ3LDK。こういう物件こそ、設計士の腕が問われる案件です。この住宅には南側に建物があるので、どうしても日が当たらない時間が発生します。そこで南側には、陽射しがあまり必要ない寝室やバスルームを配置。リビングの南東側に、光の入る大きな窓+ウッドデッキを設置しました。これだけでリビングの明るさは十分確保できます。道路側に面する北側は、外からは家の中が見えないようにプライバシーに十分配慮。土地に合わせて設計をするというのは、経験豊富な設計士だからできることです。難のある立地も設計で解決する場合もありますので、予算や立地のことなど気軽にご相談ください。

この建築を手がけた会社