無駄なスペースがない
本当に住みやすい家

子どもが成人してからの家づくり。 生活スタイルが決まっているからこそ、 居心地の良い住まいができた。 オーダーメイドで 仕立てられた特別な家。

入念な事前準備 無駄を作らない工夫

愛犬ココちゃんは家族のアイドル。新しい家族を迎えられたのも、家づくりを決心したおかげ

家を建てるとなると、収納をたっぷり作りたいという希望が出るものだが、O邸は少し違っている。「収納は多いんですが、決して大きくはないんです」。無駄のない収納スペース実現のため、Oさんは間取りの工夫だけではなく事前準備を徹底的に行った。家を建てると決めてからは、新居に持っていくものをすべてチェック。どの部屋に何を持っていくかを決め、それに合わせて間取りを決めた。「必要なところに必要な収納があるから、片づけがしやすく掃除もとてもラクなんですよ」。部屋に何を置くかを建築段階で決めておくことで、まるで手持ちの家具が備え付けのようにマッチ。細部まで考えられた空間に仕上がっている。

歴史を重ねた家族だから できあがったカタチ

家づくりのきっかけは、長男の一言から。お子さん二人はすでに成人。それぞれが仕事を持っている。「家賃を払い続けるくらいなら、家を建ててもいいんじゃない?俺たちも手伝うし」。頼もしい申し出に家づくりを考えることに。実兄が大工をしており、大海建設の物件を担当していたことが縁で同社での建築を決めた。「姪も大海さんで建てたので、安心して頼めました」。担当大工が実兄ということもあり、打ち合わせはスムーズかつ念密に。子どもが小さい時と違って、家族の生活リズムがほぼ確立しているOさん一家の場合、打ち合わせはとてもスムーズだったそう。「子どもが大きかったからこそ、今の自分たちにあった家づくりができたのかもしれません」。歴史を重ねた家族が作り上げた家は、自分たちにピッタリあったオーダーメイド住まいになった。

明るい家が希望だったOさん。壁や床材も陽射しの明るさを最大限に生かすものをチョイス

この建築を手がけた会社