檜に包まれた玄関が迎えてくれる
リビングの吹き抜けが心地いい家

二人目のお子さんが生まれたこともあり ご実家の近くに家を建てようと考えたOさん夫妻。 家づくりのパートナーに選んだのは 地元で30年以上の実績を持つ[梶原工務店]。 吹き抜けが心地いい木の家に笑顔があふれる。

経験と新しい感性が創る
オシャレであたたかい木の家

モノトーンの外観が目を引くOさん宅。中に入ると一転し、まず、高級旅館を思わせる檜を多用した玄関に圧倒される。そして次に驚くのは杉に包まれ開放感がある吹き抜けを持つLDKだ。「床は小国杉の無垢材でうづくり。さわった感触が気持ちいいですね。ここに寝転がって梁や天井を見るのが好きなんです。家づくりを考えていた時に、梶原工務店さんの家と出合い、〝木のこんな感じがいいな〜〟と思っていたのですが、我が家もそうなりました。上から見下ろすリビングもいいですよ」と、楽しそうに家の魅力を語ってくれるご夫妻。お二人の夢を叶えた[梶原工務店]は、社寺建築にまで実績がある確かな技術と、時代を見据える新しい感性をベースに、お客様の笑顔があふれる家づくりを目指している。「吹き抜けにするか迷ったのですが、メリットもデメリットもちゃんとお話してくださったので、納得の上で決めることができました。やってよかったです!」。お客様との真摯な打合せは[梶原工務店]の信条だ。

お客様の要望に対して
ブラスアルファの提案を

「収納は多めに欲しい」といった具体的な要望に応えるのはもちろん、[梶原工務店]は様々な要望に対して、プラスアルファの提案も行なった。例えばご夫妻が希望した「和室をつくりたい」に対しては、ナチュラルテイストのリビングに合うように乳白色の畳を使ったり、造作の引き戸を合わせるデザインを提案した。小上がり的な造りにすることで、下に収納スペースも確保している。「いろいろなことを気軽にお話できる雰囲気がとてもよかったですね。〝こんなんでどげんですか?〟というアイデアがどれもとてもよかったです。細かいことを言わなくても、おまかせできて安心でした」。
2階の子ども部屋には、吹き抜けに向けられた窓がつけられている。「あの窓から子どもが顔を出すのを楽しみにしているんです(笑)」。家族の楽しみはまだまだ続いていく。そして、[梶原工務店]は家族をずっと見守っていく。[梶原工務店]が引渡の時に必ず言う言葉、「これからのおつきあいの方が長いですから」。

この建築を手がけた会社