建ててからがおもしろい!
家族と共に成長する住まい

家は建ててから手を掛けてあげないとというMさん。 [パワーハウス]のDIY講座にも積極的に参加して、 自分で塗装したりと家づくりは現在も進行中!

土間と薪ストーブに憧れていたので、モデルハウスを真似してリビング土間にしました。2階ともつながっている空間も好きです。土間には将来、薪ストーブを置けたらいいな

自分たちの身になって
一から細かく考えてくれた

家は傷んでいくものというのを熟知していたMさんは欧米のように建ててから自分たちで手入れをするというスタイルで家探しを始めた。「少しずつ手を掛けていくというのが好きだったんです。だから当初新築は考えていませんでした。でも担当の方が、中古がいいか新築がいいか、将来のことまで考えて計算してくれました」。たくさん検討した結果、[パワーハウス]の分譲地が気に入ったという。「太陽光のために造成した立地だったことも決め手でした。こだわりを盛り込める、他にない住まいになるなとワクワクしたのを覚えています」。でもこだわりたいなら家自体の価格を抑えないと、後々の暮らしに無理が出る。「ライフスタイルが豊かじゃないと! とおっしゃってくれたのがとても安心できました。実際太陽光の売電が8月は9万円にもなり、ゆとりある楽しいエコライフです」。

モデルハウスのデザインは
真似したいほどオシャレ

モデルハウスを訪れた時、オシャレなデザインがひと目で気に入り、ほとんど同じ仕様にしたというMさん。「土間とか薪ストーブに憧れていたので、土間のリビングを見て、こんなことができるのかと驚きました。薪ストーブは入れなかったけど、将来導入する時も場所確保に悩むこともなさそうです」。人が集まる家にしたかったM邸にウッドデッキに面した土間リビングはもってこい! 庭でのBBQもリビング窓を開放すれば、土間は外と中をつなぐ空間へと早変わり。土が入り込んでもさっと掃くだけで掃除も簡単だ。「土間に2段の段差をつけて座りやすくしたのがポイントです。大勢集まっても快適でした」。また開放感いっぱいの吹抜けのリビングから見上げた先には2階のフリースペースが。ここは主に子どもの勉強スペースであり、ライブラリースペースでもある。「これもモデルハウスで子どもが気に入ったので取り入れました。壁一面を黒板塗料で仕上げたので、子どもは思う存分お絵描きしています。子どもの友達と一緒に黒板で勉強したりもしています。リビングからその様子が見られるのがとてもいいですね」。他にも本棚が引き戸だったり、広い小屋裏が隠れていたり、大人も憧れる秘密基地のような楽しい仕掛けが満載。こだわりが詰め込まれた家となった。
〝建ててからがおもしろい!〟というコンセプト通り、ご主人は床をオイル塗装したり、壁にアクセントカラーを塗装したりとDIYを楽しんでいる様子。「好きというのももちろんあるけど、自分ですることで予算も削減できています。〝家を育てていく〟という思いが同じなんだなと感じることが多く、家づくりも楽しくできました。パワーハウスさんに出会えて本当に良かったです」。

この建築を手がけた会社

  • パワーハウス 株式会社
  • 〒813-0031  福岡市東区八田2-21-28
  • 0120-41-5424
  • https://www.pw-r.jp