自分たちらしく堂々と、
美しい、暮らしの舞台

住宅街の一角にたたずむY邸は 遠くから見ても目を惹く美しい外観。 Yさんも共感したという、 堂々と自分たちらしい家づくりを貫く [長崎材木店]らしさが感じられます。

自分たちの家づくりに
自信と誇りを持っている会社

リビングの勾配天井は杉の木目が見えるように。その他の部分はオフホワイトの塗り壁を基調にデザイン。洋室と和室も違和感なく調和している

「木の家っていいな」。ご主人がそう思ったのは、2年ほど前のこと。友人が建てた家を訪れた時だった。「清々しい木の香りがして、見た目にも美しくて。こんな家に住めたらどんなに気持ちがいいだろう」。それ以来、Yさんご夫妻は展示場をまわり家づくりのパートナーを探したが、意外と難航。あきらめかけていた時に出会ったのが[長崎材木店]だった。
「長崎材木店は地元の会社なので名前は良く知っていました。ただ、敷居が高い会社だと思い込んで、足を運ばずにいたんです。でも一度見学だけ…と展示場を訪れてみると、全然イメージと違っていて。対応してくれたスタッフは同世代でとても気さくな方だし、施工例も予算に合わせて幅広いことが分かり、ホッとしました」。
他の展示場では何とか契約に結び付けようとするスタッフの押しの強さにうんざりしていたというYさん。[長崎材木店]ではスタッフのこんな一言に驚いたという。
「ここの社員さんは他社の悪口を言わないし、帰る時も〝どうぞ他社の家もたくさんご覧くださいね〟と、そう笑顔でおっしゃるわけです。自分たちが建てる家に自信と誇りを持っているということがよ~く分かりました。うちの家づくりはこうだ、という堂々としたポリシーを感じた。その姿勢にすごく共感したんです」。

美しい家を支えるのは
上質な素材と職人の手仕事

ダイニングテーブルはキッチンと横並びに配置。食事の準備も片付けもスムーズ!

建てたい家のイメージはある程度、決まっていた。「まず、木をたくさん使った平屋であること。そしてリビングには大きな蒔ストーブを置くこと」。Yさんご夫妻は毎週のように[長崎材木店]の展示場へ出かけ、営業スタッフや設計スタッフと打合せを重ねた。
「いろんなプランをご提示いただきながら、私たちの要望と長崎材木店さんのスタイルとをすり合わせていく。その作業が楽しかったですね。何よりあの展示場の家の雰囲気が大好きで。そういう家が今度は自分の家になると思うと、ワクワクしました」。
そうして完成した家は住宅地の中でもひときわ目を惹く美しさ。そして室内に入ればまた[長崎材木店]ならではの上質な木材の魅力、繊細な職人の仕事に惚れ惚れする。
「木と塗り壁のおかげで室内の空気がいつもサラッとしていて、気持ちがいいんですよ。初めて遊びに来た友達も、〝すごく落ち着くね~〟って」と奥さま。「あ、塗り壁といえば、じつはうちの父は左官職人なんですね。その父もこの家の塗り壁を見て〝ここの職人の腕はスゴイな!〟と感心していたほどです」。同じ職人からも一目置かれる確かな仕事。ここにも[長崎材木店]の家が圧倒的に美しい理由がある。

蒔ストーブのおかげで
苦手だった冬も楽しみに

今まで苦手だった寒い季節も念願だった蒔ストーブのおかげで「楽しみ」に。はじめはご主人が担当だった火を起こす係も、いつしか挑戦するうちにハマったという奥さまの特技になったと笑うYさんご夫妻。ふたりでストーブの近くに座り、揺れる炎を眺めながら飲むお酒はまた格別においしい。
「火の起こし方が分からないときは、すぐにスタッフの方が飛んできて教えてくれました。今、こうした心豊かな時間がすごせるのも、長崎材木店で建てた家ならではのような気がします」。
庭づくりに畑づくり、家のメンテナンスやリフォーム…。これからも続くYさんの家づくり、その一生のパートナーとして[長崎材木店]もずっと共に歩んでいく。

庭に面したウッドデッキは陽当たりが良く、洗濯物の乾きも早い!長い庇のおかげで多少の雨が降ってもへっちゃら

この建築を手がけた会社