印象的な大黒柱と吹き抜け
安心の自然素材でつくられた家

海が近い高台にある一家4人のIさんのお宅。 “100年もつ、本物の家”を目指す [末永ハウジング]がつくりあげたのは 大黒柱と吹き抜けが印象的な木の家。 住み心地のよさと満足度をうかがいました。

木のいい香りがして心地いい
将来まで考えられた家

「家づくりのパートナーを探していた時に、両親に教えてもらい[末永ハウジング]さんの家を見に行きました。入った瞬間に木のいい香りがして、気持ちよくて…木の家がいいなあと思っていましたし、その瞬間にほぼ決まりでしたね(笑)」。そこから始まり、生まれたIさん一家の家も、木に包まれた心地いい空間。無垢材でうづくりの床も、こう配天井も木の美しさを感じさせる仕上がりで、部屋に入ってすぐの場所にある大黒柱が印象的だ。「太い大黒柱、平家、吹き抜けが私たちの希望だったんです!」というご夫妻の希望に、[末永ハウジング]が応えた。「多目的スペースと呼んでいて今は子どもの遊び場になっていますが、2階というか広いロフトのようなスペースもできました。そこにつながる階段を〝(独立させるのではなく)大黒柱に付けましょう〟という提案には〝そんなことができるんだ〟と驚きましたね」。

シューズクロークを置くことで、玄関先はいつもすっきり

現在は家族みんなの寝室になっている部屋は、やがて2つの子ども部屋にする予定。その時は、〝多目的スペース〟がご夫妻の寝室になる。「やがて子どもたちがこの家から旅立ち、私たちだけの生活になれば、寝室は元の場所に戻します。夫婦二人になったら下だけで生活ができるというわけです」。今のことも、ずっと先のことまでも考えられた家なのだ。

自然素材がもたらしてくれる
身体にやさしく心地いい生活

対面式キッチンにしたことで、奥さまが炊事をしていても家族はつながっている。キッチンの正面に作られた大きなニッチは、空間にゆとりをもたせる効果もある

吹き抜けもある大空間のIさん宅だが、エアコンは1台だけ。寒かった今年の冬もまったく問題なかったのだそう。それを可能にしているのは、サーモウール羊毛断熱を使うなど、高断熱・高気密が実現された家だからだ。また、「窓を開けると風が吹き抜けて涼しいので夏もあまりエアコンを使わなくてすみます。屋根には太陽光パネルをのせていますし、地球にやさしいとってもエコな家ですね。光熱費が抑えられお財布にもやさしいです(笑)」とのこと。[末永ハウジング]は環境と共生する省エネルギー住宅を目指している。

木を使った造作のテレビ台に近寄ると、お子さんの歯形があった。〝住む人の健康を第一に考える〟家づくりをすすめる[末永ハウジング]が安心・安全な本物の自然素材にこだわっていることの証だ。壁も空気を清浄する効果がある昔ながらの漆喰を採用。もちろん接着成分も海藻由来などの自然素材だ。「暮らし始めて2年、毎日、気持ちよく過ごしていますね」。

思い切って建てた家が
家族にしあわせを

「子どもたちのこともありましたし、賃貸のアパートで家賃を払っていくことを考えると、早く自分たちの家を建てたほうがいいのではないかと思ったのです」と家づくりの動機を語ってくれるお二人。しっかりとした人生設計をすることで、ステキな新居が生まれたのだ。そして、家族の日々の暮らしが豊かなものになったことに加え、他にもうれしいことがあったとのこと。「お互いの両親もとても喜んでくれましたね。僕の父親は、はりきって庭の芝生をはってくれたんですよ(笑)」。Iさん夫妻は思い切って決断したことで、たくさんの喜びを手にされているようだ。大黒柱に記されているお子さんたちの成長の記録も、これからずっと続いていくのだろう。

この建築を手がけた会社