毎日をもっと楽しくするヒント
それは、家を手に入れることでした

フルタイムでの共働きに、子育て 忙しい毎日を送っているはずなのに、 気持ちはいつも、穏やかで幸せ。 それはきっと、好きがたくさん詰まった この家で暮らし始めたからかもしれません。

朝倉のモデルルームが
妥協なしのふたりをトリコに

はにかむ笑顔がキュートな女の子に案内されてお邪魔したM邸は、リビングに入った瞬間、深呼吸したくなるようなすがすがしさ。「僕も妻もフルタイムの共働きで、毎日が本当にバタバタ。でも、この家が出来てから、ずいぶん気持ちが変わりました」。
ともに一軒家で育ったことから、結婚当初から家づくりを視野に入れていたというMさん。お子さんの小学校入学をゴールとして、2歳頃から準備を進めてきたそう。「最初は住宅展示場巡りから。そこで予算や間取りのイメージを掴んで、さらにインターネットや本で地元のビルダーもチェックして…。妥協はしたくなかったので、ここには時間をかけましたね」。
そんな中、アンテナに引っかかったのは[想創舎]のモデルルーム。一家はドライブがてら朝倉へ。「素材の使い方やデザイン、もうひと目惚れです。スタッフの方も、〝家を買うこと〟よりも〝どう暮らしたいか〟について話をしてくれるなど、気持ちの部分でも安心してお任せできると思いました」。

リビングの床は傷がつきにくいオーク材。幅広で垢抜けた印象。少しずつ風合いが重なっていくのも楽しみに

夢中になった間取りづくり
家づくりって、楽しい!

少々難航した土地探しも、蓋を開けてみれば、縁あって思った以上の場所が見つかり、いよいよ家づくりがスタート。特にご主人が夢中になったのが間取りづくりだ。「考えましたね〜。仕事の休憩時間にも、隙あらば間取りのことを考えていました。自分の書斎を広くとりすぎて、奥さんに叱られたりもしたなぁ。結果ですか? かなりコンパクトに落ち着きました(笑)」。と同時に、「荷物が多いので収納はたっぷりと」といったリクエストや、実際に雑誌などから切り抜いたイメージを[想創舎]とメールでやりとりしながら相談。結果、「後悔、全くなし!」という自慢の間取りが完成。

 

家づくりをしながら
家族の新しい一面も発見

ご主人から間取りづくりのストーリーを伺う中で、奥さまからはこんなエピソードも。「もともと好きなものやインテリアの趣味は似ているなぁと思っていたのですが、この家づくりを通して、主人の感覚が私よりもずっと〝かわいい〟ということに気がつきました(笑)。リビングと玄関の間に作った小窓や、その枠に合わせるように付けた照明、洗面所のデザインなどのアイデアは、どれも主人発信。思わぬ才能を発見できたかな」。それから娘のYちゃんについても。「広いリビングができて、大好きなダンスに磨きがかかりました。あとは家のいろんなところにお気に入りの場所を見つけて遊んでいて楽しそう。家族の新しい一面を発見できたことも、この家を建ててみて良かったこと」。

忙しくても、楽しい
笑顔の毎日を支える家

先にも述べたように、Mさん夫妻はフルタイムの共働き。それらを踏まえ、ご主人渾身の間取り案から生まれたこの家には、「忙しくても毎日を暮らしやすくするヒント」が、あちこちに散りばめられている。中でも一番のこだわりが、洗面所の隣に設けた2.5畳ほどのランドリースペースだ。
「基本的にわが家の洗濯は夜。でも家の中に洗濯物を干すのはイヤ。そこで専用ルームを作ったんです」。雨の心配をしなくて済むのはもちろん、花粉やPM2.5などからも洗濯物を守ることができる。乾燥機などを設置せずとも、洗面所側の扉を開けておくだけで、洗濯物が乾くところもポイントだ。そんな快適空間を叶えられたのは、気密性に優れ、湿気をコントロールする『FPの家』であること、そしてシラス壁の存在も大きい。
また奥さまのお気に入りを伺うと、「キッチン横のパントリーですね。実は玄関にもつながっていて、買い物帰りにも便利ですし、炊飯器やトースター、ゴミ箱なんかもここにまとめられてスッキリ。テーブルは、私の作業以外に、娘の勉強机としても重宝しています」。
そうした一つひとつのこだわりが、夫妻の忙しい毎日をしっかりとサポート。ゆとりのある時間を生み出したのだ。
「家って、3回建てないと理想のものに出合えないっていうけれど、うちは1回で十分叶いました。家事動線や、インテリアの雰囲気もそうですけど、約1年暮らしてみる中で、暑い日も寒い日もこんなに快適に暮らせるんだ!と感じさせてくれる『FPの家』の性能にも大満足だからでしょうね。そう考えると、自分たちが〝いい〟と思えるものを妥協せず、探し続けてきたことは本当に良かったと思っています」。
「毎日を特別にする方法は、まず、家を手に入れること」、と、答えてくれた笑顔が印象的だった。

この建築を手がけた会社

  • 想創舎 株式会社 手嶋組
  • 〒838-0062  福岡県朝倉市堤615-1
  • 0946-28-8244
  • http://sososya.com