暮らしのリズムを大事に
心地よい平屋気分な住まい

子どもたちと過ごす大切な時間から 将来の老後までを見すえて こだわり派の奥さまが描いた理想が カタチになった住まいになりました。

季節感や将来のこと…
思いを巡らせて快適な家に

敷地を活かした無駄のない間取りを意識したN邸。中2階にご主人の書斎とウォークインクローゼットのスペースを設けて、平屋のように暮らせる形の造りに落ち着いた。「隠れ家みたいで、なかなか楽しいんですよ」と、ご主人も気に入っている。

家庭菜園やガーデニングに充分な広さを採ったゆとりの庭も、ご夫婦の自慢。ミモザやユーカリなど好みの植物を組み合わせ、家族や客人が集うリビングには季節ごとに柄を替える奥さま自作のファブリックパネルを飾ったりと、視界に入る景色に移りゆく四季を感じながら心が潤う空間づくりを意識して。

「子どもたちが巣立った後は、子供部屋を私たちが使えるように、フレームのない窓枠を選んだりもしたんです」と、後々のことも考慮。動線がしっかりしていて家事が楽にできるといった機能的な面から、ディスプレイ棚などデザインの部分まで、丁寧にかたちにしていくのが「楽しくてしかたなかった」と奥さまは笑顔を見せる。

洗面室で衣服の脱ぎ着など一連の支度ができたり、キッチンは効率重視で広めに確保したり、美しく整理整頓ができてストレスなく過ごせるルールづくりが随所に見えて、なるほどと感心するばかり。

暮らしゴコチの
ニュアンスをかたちに

縦長の間取りを活かしたLDKに、白いタイルを使った対面キッチンをとけ込ませて

〝子どもたちと暮らしを楽しむ家〟がほしいと考え始めたのをきっかけに、こだわり派の奥さまが主導して、雑誌を見て資料請求したハウスビルダーから3社に絞って、間取りや予算を伝えてプレゼンをお願いしたのだとか。その中でタカノホームの私たちの希望をくみ取った、無駄のない間取りの提案を受けて、「空間ができないとサイズ感がわからない不安の中で、タカノさんならセンスや好みも合いそうだし、言葉で伝えにくいニュアンスも解ってくれそうと感じて、安心してお願いすることにしました。タイルやスイッチ、蛇口…気に入るものが揃うまで納得できない私のこだわりにつき合っていいただいて、タカノさんにお願いして間違いなかったです。」と奥さまも満足な住まいは、庭でゆれるミモザが心地よい雰囲気を誘い、ゆとりと幸せに溢れていた。

この建築を手がけた会社