うららかな光と笑顔が満ちる
ここが、私たちの新しいふるさと

飾らない素顔でくつろげる。 温かな家族の物音が耳をくすぐる… ふるさと。それは心が還る場所。 念願の居場所を手に入れた Kさん一家の幸せのカタチとは。

マイホームへの憧れと
結婚当初からの熱い思い

20半ばという若さでマイホームを手に入れたKさん夫妻。早い決断でしたねと伺うと「20歳そこそこの頃から、家を建てたいと思っていたんです」と想像を超える答えが返ってきた。「主人は広い戸建て育ちですが、私は親が転勤族で、いわゆるホームタウンがないんです。だから、ここが自分の〝ふるさと〟と実感できる場所がほしくて」と語る奥さま。結婚当初からコツコツと貯金に励み、モデルハウスめぐりに勤しんだそう。地震で一度はペースダウンしたものの、奥さまのお腹に新しい命が宿ったことをきっかけに、家づくりへの決意を新たにしたといいます。「まだ早いとなだめる主人を説き伏せて(笑) 本気で住まい探しを始めたんです」。

心を癒す風景と新興住宅地の賑わいを併せ持つK邸のロケーション。「理想の土地が見つかりました」と奥さま

性能、デザイン、予算感。さまざまな視点で検討した結果、浮上したのが[千里殖産]だった。「〝家賃そのまま〟というキーワードのインパクトも絶大でしたが、何より確かな構造・工法に惹かれました」。

決め手は頑強な構造
家族を守るツーバイフォー工法

キッチンカウンターを覆うのは、大好きなプーさんのデザインクロス。本物のレンガのような質感がおしゃれ

中古住宅を買おうと思った時期もあったが、プラス数百万円で家が建つなら〝お手頃価格〟に的を絞って新築を探してみようか? と考え直したKさん夫妻。「無理のない価格で品質も高く、設備等も最新のものでありながら、自分好みに自由に間取りが決められるのも魅力でした。プランは何回も描き直してもらったし、パーツも自分たちで選んだものです」と嬉しそうなおふたり。さらに魅力を感じたのは、大手ハウスメーカーにも引けを取らないツーバイフォー工法だ。木造だが耐火性も充分、屋根・床・壁の六面体で建物を支える構造は、台風や地震といった災害時にこそ真価を発揮する。「地震の直後だったこともあり、住まいの強度は気になりました。家族を守ってくれる建物の性能は、譲れない部分ですよね」とご主人。しっかりと地盤改良工事も行い、備えは万全だ。

この家が新しい〝ふるさと〟
子どもたちの成長とともに

家づくりは奥さま主導で。「好きなように決めていいよ」と見守っていたご主人だが、奥さまが苦戦した外観のシルエットや壁紙選びには、しっかりと参加されたそう。「将来バイクを買ってガレージを増設したいなぁ、なんて。家族が仕事のモチベーションですね」。穏やかに笑うご主人の視線の先には、幼い子どもたちがいた。「この子たちにとっては、この家がふるさと。成長しても毎日顔を合わせられるよう、階段はLDKの真ん中に決めました」と奥さまも微笑む。無邪気に遊ぶ姉弟の記憶には、家と家族にまつわる優しい記憶が数え切れないほど刻まれていくのだろう。

この建築を手がけた会社

  • 千里殖産株式会社
  • 〒860-0033  熊本市中央区紺屋阿弥陀寺町10番地 千里殖産ビル5F
  • 096-322-1000
  • http://www.senri-shokusan.jp