プロならではの知恵とセンスが随所に光る
次世代型の高機能エコ住宅

「普段、お客さまにご提案していることを具現化した」 という[ロジック]社長のマイホーム。 シンプルかつ、性能が見える住宅は、 まさに同社の哲学が詰まった理想の家でした。

ママも子どもも大満足!
〝冬は暖かく、夏は涼しい家〟

間仕切りのないリビングは、坪数以上に広く見える。大きなガラス窓から望める、幹線道路沿いの紅葉した木々は圧巻

「実は私、すごい寒がりなんです。この家に引っ越してきて、一番よかったことは冬でも家が暖かいこと。どのドアを開けても温度が一定なので、とても心地よく暮らせています。また、夏も涼しいので、冷暖房のランニングコストが抑えられている点も気に入っています。人にはもちろん、家計にもやさしい家です」と満面の笑みを見せる奧さま。取材当日は気温がぐっと下がった寒い日だったが、屋内はカットソー1枚でも快適そのもの。元気に走りまわる子どもたちに至っては、汗ばんでいるほどだった。

床材も用途に合わせてチョイス。直に座ることもあるリビングには、肌触りのいい“ブラックウォールナット”、キッチンや家事を行うスペースはタイルを使用

この家のご主人であり[ロジック]代表のYさんは、「これは認定ビルダーでしか取扱いのできない通常のウレタン断熱材の1・5倍程度の断熱性能を持つ断熱パネル『R+パネル』を使用しているからなんです。いってみれば我が家は私どもが普段、自信をもってお客さまにご提案していることを具現化した家なんですが、予想以上に喜んだのはうちの家族でした」と頬を綻ばせる。

「例えば、車を買う時には装備やデザインのほか、燃費などの性能をチェックしますよね。車よりもずっと高い住宅も、もっと分かりやすく家の性能を〝見える化〟するべき」とYさん。これを踏まえて[ロジック]では、標準対応に高耐震、高気密高断熱、永続的に使用できる自然素材等を装備。次世代省エネルギー基準をはるかに上回る、高機能エコ住宅を提案して喜ばれている。

住人にとことん寄り添う
建築家による設計

[ロジック]の特徴のひとつに、建築家による設計が挙げられる。その打ち合わせがとってもユニーク。「家に帰って最初に何をしますか?」「靴を脱いで、コートを脱ぎます」「だったら、コートを掛けるクローゼットは靴箱の近くに作りましょうか?」という具合に、とことん住人に寄り添い、室内で叶えたいことを具現化してくれる。「だから、うちは1階の玄関の隣にコートを掛けるスペースを設けてあるんです」とYさん。ライフスタイルを考えて、1階はバス・トイレの水回りとご夫婦の寝室のみ。2階はリビング、キッチン、子ども部屋、トイレで、生活感のないシンプルなキッチンは、見せる収納が苦手な奧さまのために、家電から食器、調味料まで一切を収納できる棚を壁面に作った。このどれもがY家仕様に、カスタマイズされた設計になっている。

1階にある夫婦の寝室。窓を高い位置に設置することで、隣の家との距離も気にならない。照明はリラックスできる間接照明を使用

「家は広ければ広いほどいいというものではありません。経験値のある建築家が設計すると、例え広さがなくても広がりを見せる技術を持っています。要は土地を100%活用する術を知っているんですね」。
また、デザインは一過性の流行ものに手を出さない方が賢明だと補足するYさん。ご自身、家を建てるのは今回2度目で、最初の家は南欧風の家に住んでいたそう。「見た目はかっこいいけれど、断熱材が入っていなかったので冬は寒いわ、ランニングコストはかかるわで、今考えればひどい家でした(笑)」。
[ロジック]の家づくりは、こういった社長が身をもって体験した反省点の数々が活かされている。

縦長の子ども部屋。将来、子どもたちは独立していくことを見据えて、必要最小限のベッドと机、収納のみ

優先順位を明確にして、
無駄のない住みよい家づくりを

この家はYさんにとって並々ならぬ思いがある。というのも、[ロジック]設立時に持ち家も車も手放し、借家暮らしで頑張ってきたからだ。「いつか取り戻してやる。家も車も…」という思いが原動力になったとも。それだけに、この家にはプロならではの知恵とセンスが随所にちりばめられているのだ。その象徴的なスペースが、普通の家では玄関と呼ぶべき場所だ。扉を開けると目に入ってくるのは、趣味の本が並べられた本棚とガラス越しに映ったスポーツカー。磨りガラスの向こう側には洋服がかかっていて、一見、おしゃれなショップかと、見間違ってしまうほど。まさに玄関という観念を取り払ったつくりになっている。

「玄関の中にもうひとつ扉があって、そこは靴のウォークインクローゼットになっています。靴を脱ぎ、そこを通り抜けるとコート類を掛けるスペースがあるので、脱いだコートを掛けて中に入ります。一方、お客さまはそのまま本棚の前から、中に上がってこられるようになっています」とYさん。さすが考え抜かれている動線に納得。奥さまも「急な来客でも、簡単な用事だけならこのスペースだけで事足りるので重宝していますね」と満足げ。また、車庫は低めだが「今後も車高のある車には乗るつもりはない」とキッパリ。ご家族の趣味趣向が明確なために、優先順位をつけた無駄のない設計になっているのだ
「住みやすい家づくりは自分たちのライフスタイルを分析して、20年後や30年後の生活がイメージできるか否かが、ポイントだと思います」と助言。大いに参考にしたい。

“ロジックの哲学”が詰まったシンプルモダンな住宅は、幹線道路から見ても一際目を引いている

この建築を手がけた会社

  • 株式会社 ロジック Logic Architecture
  • 〒862-0968  熊本市南区馬渡1-2-26
  • 096-378-0649
  • http://www.arc-logic.net