テーブルを囲む時間が楽しくなる
曲線美が映えるバタフライキッチン

料理をする、お皿をテーブルに並べる、 みんなが笑顔になる。 食の時間がより楽しく豊かになるように Mさんの奥さまが選んだのは 曲線形のオリジナルキッチンです。

Ⅰ型、Ⅱ型、L字型、U型、アイランド型。キッチンのレイアウトにはさまざまな種類がある。しかし、今回訪問したMさんのお宅は、そのいずれでもない。両翼があるキッチンに、あえて名前を付けるなら「バタフライ型」?「みんなで囲めるキッチンを」という奥さまのこだわりから生まれた、斬新なスタイルだ。

リビングやダイニングの家具は星野民芸でコーディネートして落ち着いた雰囲気に

夫婦に子ども、両親も含めて総勢9人で食事をすることが多いMさんファミリー。しかも、家業の合間に効率よく家事を進めるため、収納や設備の位置にはこだわりたいという要望を持っていた。「プランナーズジャパンのキッチンはフルオーダー。メーカー品のように決まった規格があるわけではなく『奥さまの好きなようにつくりましょう!』と言ってもらえたので、シンクの形も深さも思う通りのものをつくろうと思い、オーダーしたんです」。

機能的であるのはもちろんのこと、奥さまはデザインに「アール」を取り入れたいという思いがあったそう。そこで、曲線にこだわった継ぎ目のないフィット感のあるシンクを特注。さらに左右のカウンターも角を落としてアールで造形。すべてがカーブで描かれた唯一無二の優美なフォルムが完成した。収納は、コンロのそばに調味料、シンク下にまな板置き、カウンター下にはお盆といったように、動線に合わせてカスタマイズ。シンクの両側のスペースも広いので、奥さまと2人の娘さんが同時にキッチンに立つことがあっても、お互いの動線が重なることなく作業ができるのもメリット。

「私と娘で作業は同時進行できるし、カウンターが広くて盛り付けもしやすくなったおかげで、料理が時短できるようになりました。サブキッチンもあるので洗い物もしやすいし、片付けも早く済ませられるようになって。作った料理をみんなで囲んでワイワイと食べるのが好きな家族なので、食べる時間をゆっくり過ごせるようになったのがうれしいです」。

この建築を手がけた会社