家族とともに成長する、
木の温もり溢れる和モダンの家

担当者との縁で始まった家づくり。 安心して任せることで、 夫婦のこだわりを生かし完成した新居。 それはまるで、家族の一員としての 〝たまもの〟のような住まいでした。

噂の担当者との偶然の出会い
縁を信じて始まった家づくり

ご主人の希望で白壁に銀黒の瓦を使用。和モダンな格子が外観のアクセントに

海と山に囲まれた自然豊かな糸島市の住宅街。その中で静かな存在感を放つKさん宅。玄関の扉を開けるとやさしい笑顔の奥さまと木の香りが迎えてくれた。エボニーブラウンと白壁で統一された内装はモダンでありながら、どこか懐かしい日本家屋の趣があり、心地よい安らぎを感じる。

「家づくりを意識し始めたのは、姉夫婦が家を建てた頃」という奥さま。「姉からいつもへいせいに頼んで良かった。担当の八尋さんがとてもいい方だったと、聞いていました。しかも、義兄さんは大工さんなので、プロの視点から見ても間違いないんだろうなぁ、と思っていました」。
そんなある日、Kさんご夫婦が住宅展示場へ出かけたところ、偶然にもそこにいたのは、姉夫婦から聞いていた[へいせい]の八尋さん本人だった!「紹介されたわけではなく出会えたのは、やはりご縁だなぁ、とつくづく思いました」。この出会いを機に家づくりがスタートした。

リビング横に設けたお母さまのための個室は日本家屋をイメージした和の空間

ご夫婦のこだわりを丁寧に
実現するパートナーの存在

「完成するまで、困ったことは一つもなかった」というKさん。「担当の八尋さんがどんなことでも快く相談にのってくれたので、安心してお任せできました」。そのおかげで夫婦のこだわりも実現できたという。

キッチンの照明は奥さまがカタログなどを参考にして選んだお気に入り。手元が暗いときのために調光も完備

ご主人は、同居するお母さまのために、リビングの隣に広い和室を設け、階段の勾配を緩やかにすることで昇り降りを楽に。奥さまは全体の収納をしっかり確保。
「以前は玄関にベビーカーを入れると靴を脱ぐのもやっとでしたが、玄関につくった広い収納のおかげで今はスッキリ!」。

新居での初めての冬を楽しみにしているというKさん。「〝木は息をする〟と言いますが、住んでみて本当に実感しました。私たちも家と一緒に変化を楽しみながら成長したいです」と、Kさんの家はまるで家族の一員のよう。
「私たちの家づくりは本当に良い縁に恵まれたね」と、微笑み合うご夫婦から、パートナーへの信頼と満足度の高さがうかがえる。

この建築を手がけた会社