“暮らし方”のヒントが見つかる
オープンスタジオへようこそ

いろんな家族のカタチがあるように 家づくりももっと自由であっていい。 「アネシス福岡」の展示場でなら その想像力が、広がります。

コーヒーを片手に
まずは〝好きな場所〟を探して

「例えば家に、本格的なカフェ風のキッチンがあってもいいかも…」。そんな新しい発想を育んでくれるスペースが満載

2016年4月にオープンした「KBCマイホーム展福津会場」。その中でひときわ存在感を光らせているのが、[アネシス福岡]の展示場『sarna(サーナ)』だ。

ブラックカラーと直線に象られたシャープな外観だが、一歩中に足を踏み入れると、待っているのは、木を巧みに取り入れたナチュラルな空間。そのギャップに驚く人も多いはず。そして中には、高い吹き抜けを要するリビングや、暖炉が置かれた土間、カフェ風のキッチンなど〝住まい〟に新たな提案を施したコーナーがいくつも展開されている。ここは、「自分が本当に欲しい空間は、どんなものなのだろう?」「これから、どんな暮らし方をしたいのだろう?」といった想像を掻き立ててくれる場所。たとえ今すぐ家を建てる予定がなくとも、ふらりと訪れ、コーヒーを片手に〝家〟という空間を体感し、本当に住みたい家のヒントを見つけることができる場所なのだ。

心地よい住まいを
見て、触れて、知る。

空間を体感しながら、床の木の心地よさ、アイアンの手すりが生み出すスタイリッシュなムード、開放感など、素材が醸し出す特徴に触れるのもいい。窓を開けて風を感じたり、閉めた時の音の響きに耳を澄ましたり…暮らした時の心地よさを確かめられるのも、ここ『sarna』の魅力だ。
またこうした様々な工夫、高いデザイン性と性能を実現させる家づくりを担っているのは、住まいを知り尽くした〝アトリエ建築家〟たち。家の構造を熟知した上で、家族のライフスタイルに寄り添った家づくりを進める彼らは、予算の組み立て方などにおいても相談できる心強い味方。

多くの人にとって、家づくりは初めての作業。焦らず、ゆっくり進めたい。『sarna』はそんな人にこそ、きっと大きな力になってくれる。

ブラックの外壁に木材を組み合わせた、スタイリッシュな外観

この建築を手がけた会社

  • 株式会 社アネシス アーキハウス 一級建築士事務所
  • 〒862-0968  熊本市南区馬渡1-15-3-1F
  • 096-285-6580
  • http://www.archi-house.jp