建てる前に体感しよう
自由で快適な家という夢

大野城を拠点に多くの注文住宅を手掛ける [プロジェクトエース]。同社が 佐賀県基山に建てた和モダンスタイルの モデルハウスを紹介します。 家づくりへの夢がふくらむその魅力とは?

住む人の想いに
優しく寄り添う設計

玄関周りの深いひさし、太陽光パネルも搭載しやすい大屋根が魅力の外観

玄関扉を開けると、シックな黒いタイルが敷かれた空間が広がっていた。黒いタイルと白い壁との凛とした調和も美しい。目の前の窓の向こうに見えるのは緑が揺れる中庭。この家に帰ってきた家族、そして訪れたゲストの心を癒してくれる、優しい演出だ。
そう、[プロジェクトエース]が提案する和モダンスタイルのモデルハウスは、細部にいたるまで暮らす人の想いに寄り添いながら設計されている。「家中を見渡せるキッチン」も「四季を感じられる中庭」も「落ち着いた佇まいのデザイン」も。すべては日々の暮らしが心豊かなものになるようにと、スタッフが考えをめぐらせて生み出した結晶なのだ。

1階のどの部屋からも
中庭を眺められる贅沢

まず、目を奪われるのは広々としたLDKだ。大きなソファーも余裕で置けるリビングスペースには、中庭を経てやわらかな自然光が空間にそそぎこむ。
中央にはペニンシュラキッチンと、キッチンとつながるダイニングテーブルが。料理と食事をする場所の動線に無駄がなく、家族全員で料理を楽しみながら食事もできそう。ペニンシュラキッチンからは家事をしながら家の隅々まで見渡せるので、小さなお子さんを持つパパやママにとっても安心だ。
そしてキッチンスペースの前には小上がりの和室も。小上がりの畳に腰掛けてキッチンやダイニングにいる家族と話をするのも楽しそう。小さなお子さんがいる家族なら、この和室は心地いいお昼寝スペースにもなる。さらに、和室側の窓からも中庭を眺められるところも心にくい。つまり、この心癒す中庭は1階のどの部屋からも眺められるように配慮されているのだ。

1枚1枚厚みのあるフローリングをはった床は無垢材のような仕上がり。上品な表情で手入れもしやすい

雰囲気のある和室が主寝室
心豊かな暮らしへの新提案

2階に配されているのは2部屋に分けることもできる子ども部屋と主寝室、そして余裕のウォークインクローゼットだ。
新しいのは主寝室が洋室ではなく、あえて和室であるところ。1階の和室と同じように小上がりの畳空間となっており、小上がりの床下に取り付けた間接照明の光が空間の表情を豊かなものにしている。

和室の寝室はプロジェクトエースからの新しいご提案。「これまでヒアリングしてきたお客様のお声を活かしながら設計しているんですよ」。そう笑顔で語るのは[プロジェクトエース]の営業担当・福岡宏庸さんだ。
注文住宅の経験豊富な[プロジェクトエース]だけにアイデアの引き出しは数多い。このモデルハウスにも様々なアイデアが取り入れられている。「お客様の想いをカタチにするのが私たちの仕事ですから」と福岡さん。これは[プロジェクトエース]の想いそのものでもある。

確かな素材と機能性の上に
自由なデザインが成り立つ

100年以上続いた建材店から始まった[プロジェクトエース]は建材ルートに強く、取り扱える材料が多いのも特徴。品質の良い素材が手頃価格で入手できるため、予算内でかなえられるリクエストも多い。
「床材も建具もすべてグレードの高い素材を使っていますがすべて標準仕様。これが標準ですか!?と驚かれることも多いんですよ」と福岡さん。
また、[プロジェクトエース]の家は「夏は涼しく・冬は暖かい」が大前提。断熱・換気・気密にこだわりながら、どんなデザインにも柔軟に対応してくれる点も、信頼が寄せられている理由だ。「このモデルハウスをご覧になって、皆さんの家づくりの夢を広げてみませんか」。そう話す福岡さんら明るい営業スタッフも、きっと私たちの家づくりの心強い味方になってくれるはずだ。

この建築を手がけた会社

  • 株式会社プロジェクトエース
  • 福岡県大野城市御笠川3-5-2
  • 0800-200-1186
  • www.project-world.jp