子どもたちの笑い声がこだまする
店舗と住居が一つになった理想の家!

仕事が忙しく、家族との時間が持てなかったご主人。 独立しようと考えたとき、思い描いたのは 店舗と住居が一緒になった家づくりだった。 住宅街の一角に今年7月、念願のお店をオープン! 思い描いていた理想の暮らしが始まりました。

家族との時間を大切にしたい
その思いを実現する家づくり

ご主人は糸島育ち。それぞれのご実家に近く、友人もたくさんいる環境で新居を構えたいと思っていたとき、[へいせい]の分譲地に出会った。「自分は仕事が忙しくて行けなかったのですが、妻がモデルルームを見に行って、へいせいの八尋さんと気があったみたいで」と、ご主人は当時を振り返る。

糸島の海沿いにあるカフェレストランで働いていたご主人は、多忙を極めており、〝家族との時間を大切にしたい〟との思いから、ゆくゆくは〝店舗兼住宅〟として使えるようにしたいと考えていた。そこで1階は多目的に使えるようなシンプルな空間に、2階は子ども部屋と寝室を設けた。この家で暮らし始めたのは昨年12月。それから約半年後の今年7月、『パンとめし屋 コバコ』をオープンさせた。
「近所の方が朝食のパンを買いに来てくださるなど、口コミでお客様が増えています。子どもたちが帰ってきたときに〝おかえり〟と言えることが嬉しいですね」と、Uさんは嬉しそうに話してくれた。

木や珪藻土を取り入れた
身体にやさしい空間

もともと、雑貨やインテリアが好きだったUさんご夫妻。独身時代から集めていた雑貨や家具を1階のカフェスペースに配している。「めざすのは、インダストリアルな空間。ぬくもりのある木の風合いが好きなので、梁を出してもらったり、腰壁を付けてもらったりしました。棚やウッドデッキなどは妻と一緒にDIYで作りました」。

取材中も、切れ目なくお客様がパンを買いにやってくる。この日、小学校がお休みだったお嬢さんが、「◯◯さんだ。お客様来たよ」とお父さんに伝え、パンを袋に詰めるなど、手際よくお手伝いをしている様子に、心が温かくなった。建物こそは新しいものの、店舗と住居が一体となった家は、どこか懐かしく、温もりに満ちている。
木を多用したり、珪藻土を使ったり。身体にやさしい家づくりと同様に、Uさんがこだわりの素材で焼くパンも、やさしい味わい。そんな温かさに満ちた空間とパンに惹かれ、人々はこの場所を訪れている。

この建築を手がけた会社