自然素材に囲まれて心地いい
未来の経年美も楽しみな家

4人家族のMさん一家が家づくりのパートナーに選んだのは 自然素材を使い、太陽の光や熱・風など自然の恵みを生かし、 長く住める家・気品のある家づくりをすすめる[安成工務店]。 今に満足され、未来も楽しみな家が生まれた…。

空気のやわらかさに感動した
[安成工務店]の木の家

キッチンは対面式なので、奥さまが料理や後片付けをしている時も家族は一つだ

家づくりを考えていたMさん夫妻は、[安成工務店]が建てた家を見学した時に身体で感じるものがあったとのこと。「中に入った瞬間に空気のやわらかさが違うと思いました。安成さんにお願いすることに決めた大きなきっかけですね」。その心地よさはMさん宅でもそのまま実現している。杉の無垢材を使った浮造りの床、壁の珪藻土、断熱材のセルロースファイバーなどに包まれた空間は森の中にいるようだ。「外は蒸し暑いのに中はカラッと爽やかだったり、洗濯物を部屋干ししてもすぐに乾いたり、実際に住んでみて、より効果を実感したことも多いですね。OMソーラーシステムを設置しているので、冬は暖房なしでも家の中全体がほんわかあたたかいですよ」。昨年秋の入居以来、日々の暮らしに満足されているMさん夫妻だか、ずっと先も楽しみにされている。「木の色もいい感じになっていくようですし、時間が経って、どんな経年美を見せてくれるのかも期待しています」。

2階はお子さんの勉強スペース、仕切れば個室となる和室、書棚などを配置。扉を全開していれば一つの大きな部屋のようだ

家族が集い、くつろげる
小上がりの〝畳リビング〟

「年齢を重ねた時にどんな生活をしたいのかを考えることはとても大切だと思います。私たちの家は、2階建てですが、夫婦二人になった時は、1階だけで生活できるようにしていただきました」。一般的に1階に置く事が多い客間(和室)と子供室を2階にし、1階を寝室にするなどの工夫がなされている。そして、「ソファーがあるリビングではなくて、ごろごろできてゆっくりくつろげる畳スペースにしたかったのです」というオーダーから床よりも一段高くした小上がりの〝畳リビング〟が生まれた。「小上がりの下は収納ができましたし、端に腰掛けることもできるし、たたんだ洗濯物をちょっと置いたりと本当に便利ですね。いつも家族が集まるステキな場所になりました(笑)」。お客様の暮らし方、希望をひとつひとつカタチにしていくのが[安成工務店]の仕事だ。

新しい暮らしが始まり、「芝刈りに情熱をかけています(笑)」とご主人。「子どもたちも生き生きしています。定期的にスタッフの方がいらっしゃってメンテナンスを教えてくださいますし、掃除するのが楽しくなりましたよ(笑)」と奥様。[安成工務店]とのおつきあいはこれからも続いていく。

この建築を手がけた会社