いつも自然体でいられる
“風通しのよい”家を求めて

「家なんて、持たなくてもいい」 そんなAさんの概念を覆したのは、 長崎材木店が大切にしてきた想い。 安全な暮らしを確保し、家族の夢を育む そんな家に出会えて、良かった。

家に対する〝想い〟に共感
家族の場所を持つことに。

アイランドキッチンの後ろはあえて白壁にし。ギャラリースペースに。お気に入りのアートをディスプレイ

海まで徒歩圏内の住宅街に新居を構えたAさん。でもまさか自分たちが家を持つなんて、考えてもみなかったそう。「ずっと関東で暮らしていたのですが、息子が生まれて3ヶ月で震災があって、とにかく安全な場所で子育てをしたいと九州に移住したんです。主人は仕事があったので、まずは私と息子の2人で福岡にアパートを借り、生活をスタートさせました」。

そんな中、時々ふたりで出かけていたのが福間海岸の「ランドシップカフェ」。奥さまは訪れるたび、なんて居心地のいい空間だろうと思っていたそう。「しかもそこが、長崎材木店のモデルハウスを利用したカフェだったんです」。
その後、ご主人が来福した際に、レジャー気分で[長崎材木店]の『WOOD VILLAGE』へ。すると、これまでは「持たない」と思っていた家への印象が180度回転。「長崎さんのこだわりの素材をはじめとする家づくりへのこだわり、豊かなライフスタイの提案に触れ、〝家を持ちたい。この町に根を下ろしたい〟と思うようになったんです」。

トマトやオクラなど、庭で育った野菜は、みずみずしいうちに食卓へ

家族のための空間を
みんなのための空間にも

偶然にも、奥さまのサイクリングルートに、「ここだ!」と思える土地を発見。その後はご主人が休暇で来福するタイミングで重要事項を決定しながら、家づくりは進んでいった。

大人でも10人は座れる大きな丸テーブルをリビングの主役に。家を建てた時に得たエコポイントで購入

「こちらからリクエストしたのは、〝風通しのいい家〟。窓から窓へ、自然の風が吹き抜けるような構造的な風通しだけでなく、〝いろんな人が集える〟という意味の風通しの良さも求めたんです」。
福岡に移住してから、たくさんの方に支えられたという奥さま。そうしたつながりや、兼ねてから得意としていた料理、そして興味のある哲学などについての情報を共有できるコミュニティスペースを自ら持ちたいと考えていたそう。

ダイニングスペースはキッチンの横に。料理をしながら会話もできる

「3人家族には広すぎるリビング(笑)や、アイランドキッチンを設けたのもそのためです」。
イベントによっては、和室の白壁はスクリーンに。玄関の脇には将来お店を開くための土間も。
「それを、家事動線やデザイン性はそのままに実現してくれたこと、本当に嬉しく思っています」。

家に帰ることが、
楽しみになる家

その後、ご主人も九州へ。「やっぱり、この高い吹き抜けと杉の床が最高! 毎日、家に帰るのが楽しみなんです。関東にいたころは、想像もしなかったライフスタイルがここにあるなぁと。今ではこの空間が好きすぎて、夜もリビングで寝てしまうほどなんです(笑)」。
さらに家庭菜園にも開眼。夏はトマトが鈴なりに育ち、家族でおいしくいただいたそう。「今後も、暖炉を入れたり、少しずつ自分たちの理想を叶えていきたいですね。家を建てて感じたのは、家は、建ったその後も楽しい。そういう意味でも、長崎材木店さんがずっとそばにいてくれると思うと心強い。決断して、良かったです」。

この建築を手がけた会社