長く暮らす家だからこそ
こだわり抜いた家づくりを実現

転勤が多く、転居を繰り返していたKさんご一家は そろそろ1つの土地に腰を据えようと家づくりを決意。 研究熱心なご主人は、ありとあらゆる情報を収集し カラダもココロも健やかに暮らせる自然素材の家を追求。 今夏、思い描いていた理想の暮らしが始まりました。

木のぬくもりを感じ
経年変化を楽しむ家

階段の手前には子どもさんたちの勉強スペースが。収納は本棚のみ。モノを増やさないための工夫が施されている

仕事柄、転勤が多いご主人。これまでは、奥さまや2人の子どもたちも一緒に移動してきたが、子どもさんたちの教育環境などを考え、定住できる家を建てることにした。ご主人も奥さまも九州出身。単身赴任先がどこになったとしても、交通の便が良い福岡に居を構えることに。「土地から探し始めたので、なかなか見つかりませんでした。工務店からハウスメーカーまで、10社以上は見たと思います。その中で辰巳住研さんに決めたのは、お話をさせていただいているうちに、私たちの希望に対して細かいところまで聞いてもらえそうだったから。また、自然素材の家で暮らしたかったので、モデルハウスの『あや杉の家』や『大黒柱のある家』も魅力的でした」と、ご主人は当時を振り返る。

趣味も多彩で、様々なことに対して研究熱心なご主人。家を建てるにあたっても、ありとあらゆることを調べ、理想の家をつくり上げるために、断熱材や接着剤をはじめ、細かなところまで仕様を変えるなどの逆提案を行ったそう。「営業の関谷さん、設計の中村さんには随分わがままを言ったと思います。こちらの要望はすべて聞き入れてくれましたし、できないことに対しては、なぜできないのかを納得いくまで丁寧に説明してくださいました。かなりうるさい客だったと思いますが、おかげさまで思い通りの家ができました」と、ご主人は嬉しそうに語ってくれた。

当初は平屋にしたいという思いもあったが、庭も広く取りたいと考え2階建てに。中村さんからのアドバイスをいただきながら、レイアウトもご夫妻で考えた。これまで集合住宅で暮らしていたため諦めていたペットも一緒に暮らすことなり、ペットのためのスペースも確保。1階にはリビングと子どもたちの勉強スペース、そしてご主人の趣味の道具を収納するバイクガレージも設けた。リビングに配されたインテリアは『カリモク』で統一。「使っていくうちに味が出るような、経年変化が楽しめる家や家具が好き」とご主人。年月の経過とともに風合いが増していく、その変化を楽しむのも、木をふんだんに使った家づくりの魅力といえる。

幅広い情報を収集し
家族の理想を追求!

「家族が団欒できるダイニングテーブルがお気に入り」と話す奥さま。シンプルな『カリモク』の家具は、長く使うことができ、経年変化も楽しめる

システムキッチンはホーローに、お風呂は人造大理石に。標準仕様のままではなく、手入れのしやすさや使い勝手などを考えて、予算と相談しながら、一つひとつ検討していったという。当時、Kさんご一家は熊本に住んでいたため、週末には久留米の展示場で打ち合わせを重ねたほか、メールでのやり取りもかなりあったそうだ。

「熊本地震に遭って、水の大切さを改めて知りました。パントリーを作ったのは、収納しているものを“見える化”したかったから。見えないところに収納してしまうと、気づいたときには賞味期限が過ぎてしまうことも少なくありません。以前は狭かったので、料理するときにモノを置くスペースがなかったのですが、今はストレスなく料理ができているので嬉しいですね」と、奥さまは大満足の様子。キッチンのお隣には洗面スペースがあり、家事の動線を効率化。奥さまの身長に合わせてアイロン台を作るなど、随所に奥さまやご主人のこだわりが散りばめられている。

笑顔あふれる新生活
今後の変化も楽しみ

新居での生活が始まったのは今年8月から。Kさんご夫妻には、まだまだやりたいことがたくさんあるのだそう。1つはDIYで縁側や鳥の巣箱を作ること。もう1つは、庭に野菜や花を植えること。「これから、いろいろ自分たちでつくっていくのも楽しみですね。ここは道の駅も近くて、食材が豊富に揃います。先日も家族でBBQを楽しんだばかりなんですよ」。

転勤が多く、転居を繰り返す日々だったKさんご一家。この土地に根ざし、自分たちの思いをカタチにした新居での暮らしは、HAPPYな笑顔が溢れていた。

階段を上った左手には、収納スペースが設けられている。ご主人の書斎になる可能性も!?

この建築を手がけた会社