小さく愛らしい屋根の下、「大好き!」がたくさん詰まってる

果樹園が広がるすぐ近くに佇む、 おとぎ話に出てくるようなT邸。 決して大きくはないけれど、 [想創舎]と一緒に建てた家には 「大好き!」がたくさん詰まっています。

想創舎との出合いは
家づくりの本がきっかけ

3つのドーマーと屋根と玄関扉の色の組み合わせが印象的。まるで海外のおとぎ話の中に出てきそうな可愛らしいT邸の外観

オレンジ色の瓦屋根と白い壁、グリーンのドアが愛らしい。誰もが見惚れてしまうT邸、そのお隣は奥さまの実家だ。
長らく実家で暮らしていたTさんご一家が新居を構えることにしたのは1年ほど前。お子さんの成長に合わせての決断だったそうだ。「ハウスビルダーを探す際に参考にしたのがこの家づくりの本でした。可愛いなと感じた家やインスピレーションが湧いた家をピックアップして、展示場をまわりました」と奥さま。
[想創舎]も候補の中に入っていた会社のひとつ。多くの会社の中からTさんが[想創舎]を選んだ理由。その決め手となったのは、モデルハウスで出会ったスタッフの存在だった。

出会った瞬間に意気投合
〝この会社なら気持ちが伝わる〟

「想創舎さんのモデルハウスを見学に行ってはじめてスタッフの方とお会いしたとき、もうずっと前から知り合っていたように感じるほど意気投合したんです。モデルハウスも〝いかにも〟な感じではなくて、見学に来た人が住んでいる自分の姿をイメージしやすい家。とても親しみやすい雰囲気が魅力でした」。
注文住宅を建てる際、自分の想いや意思をハウスビルダーに伝えることがいかに難しいか、あらためて感じる人は多いものだ。だから、会って間もないうちに「気持ちが通じ合う」と感じられるのは、とても大事な要素ではないだろうか。「会社全体がひとつの家族のような雰囲気。大手メーカーにはない家づくりに対する真剣な想いが伝わってきました。この会社なら一緒に家をつくっていってくれる。想創舎さんに出合い、そう感じられたんです」と奥さま。家づくりもまた、「人と人」の出会いから始まるのだと改めて感じるエピソードだ。

将来や暮らし方を考え
自分たちに合う間取りを確保

白い木目調のシステムキッチンはウッドワンの商品。奥さまの好みに合わせ[想創舎]がコーディネート。

Tさんの奥さまが建てたかったのは、大好きな要素が詰まったコンパクトな家。
「子どもたちが成長したら、この家から巣立っていきますよね。いずれは夫婦2人で暮らすようになる。そう考えたら、必要以上の部屋はムダなスペースになってしまいます。だからあまり大きすぎない家がいいなと。実家を見ていてそう学びました」。
また、必要以上に収納があるとかえってモノを詰め込んでしまうもの。だからTさんは各部屋にあえて扉つきの収納を設けないように依頼。その分、部屋の空間そのものを広く確保できている。

主寝室は白で統一。水色の扉がアクセント

大満足の仕上がりだから
「多くの人に見てほしい!」

「この家のすべてが気に入っています」と奥さま。特にキッチンや家事スペースはお気に入り。「自分の希望をかたちにしてもらったので、料理も家事もますます楽しくなりました。可愛いだけじゃなくて使い勝手も良いところが気に入っています。他の家事動線も良く考えられていて、洗濯物を干して乾かして取り入れて…という動作がとてもラクに。家事の時短につながって、助かっています」。

理想的なこのわが家が完成したとき、Tさんたちは「ぜひ多くの人に見てもらいたい!」とすすんで完成見学会に協力。見学に訪れた女性陣はもちろん、男性陣からの評価も高かった。もちろんTさんのご主人も完成したわが家に大満足。新しい住まいは塗り壁のおかげか空気が清々しい。いつも爽やかな環境の中で、穏やかな暮らしが綴られている。

この建築を手がけた会社

  • 想創舎 株式会社 手嶋組
  • 〒838-0062  福岡県朝倉市堤615-1
  • 0946-28-8244
  • http://sososya.com