ご夫婦のやさしさにあふれる
自然素材に包まれた木の家

『樹ごこちの家』をプロデュースする[篠原建設]を パートナーに選び家づくりをすすめたOさん夫妻。 坪庭、開放感のあるリビング、広い廊下… 思い描いていた想像以上の空間が生み出された。 ご夫妻のやさしさもいっぱいの『樹ごこちの家』。

木のぬくもりに包まれ
夢が叶った『樹ごこちの家』

白い壁が印象的な外観。夜はライトアップされ昼間とは違う美しさを見せる

「家づくりは、どんな家を建てたいのかイメージを持つことも大切ですし、パートナー選びがとても重要です。言いたいことを言えて、それを聞いてくれるという関係性ですね。僕らは『こうしたい』と言っていただけですから(笑)」。杉の無垢材に包まれた明るいリビングでお話してくださるOさん夫妻は、[篠原建設]をパートナーに選んだ。「会社がすぐ近くだったので親近感もわきましたが(笑)、見学させていただいた時に感じた木の感触や、空気のやわらかさがよかったですね。社長さんの家づくりに対する熱意にも感動しました。多くの打合せを重ねましたが、私たちの希望を予想以上の素晴らしいカタチにしてくださいましたね」。それこそが[篠原建設]が手がける『樹ごこちの家』〜自然が持つぬくもりを届け、その方らしい暮らしができる家〜なのだ。

玄関からリビングに続く広い廊下

ご主人の想い入れが熱い
坪庭づくりの工夫

庭のブランコはお姉ちゃんへの誕生プレゼント。「小さなおもちゃと違って、ブランコならずっと先まで残ると思ったんです」

Oさん宅で印象的なのは、玄関に入って正面の大きな窓から見える坪庭。苔むした石の感じなどご主人のこだわりが詰まった庭だ。廊下を広くとることで生まれた奥行きがゆったりとした雰囲気を感じさせ、坪庭がより美しく見える。庭を見た後、右に進むとリビングやダイニングなどの共有スペース、左に進むと寝室や子ども部屋などのプライベートスペースなので、坪庭は家の中心に位置している。「庭がメインの家ですね(笑)。玄関先からも寝室からもお風呂からもトイレからも庭が見えるようにしたかったのです」。普通に配置するだけでは、庭を介して各スペース同士が丸見えになってしまうが、植栽や窓の位置を調整することで各スペースのプライバシーは確保されている。[篠原建設]の発想力と経験の賜物だ。「ちょっとした工夫がすごいですよね。友人たちに〝料亭や宿みたい〟と言われるのもうれしいものです」。

食事の準備をしながらお子さんたちの顔が見えるように対面式にしたキッチン

自然素材が生み出す心地よさ
開放感を感じるリビング

将来的には壁を作って2部屋にすることができる子ども部屋。今はお姉ちゃんが元気に遊ぶお気に入りの場所だ

「これまで住んでいた実家は純和風だったので一部屋ずつ仕切られていたのですが、みんなが一緒にいられるように、リビングには開放感がほしかったですね。人が集まりやすい家にもしたかったですし」。吹き抜けがあり窓から光が差し込むリビングは、いつも家族の笑いが絶えない場所だ。「床は杉の無垢材で浮造り。足裏がとっても気持ちいいですよ。家の中の空気がやわらかいのも肌で感じますね」。床・柱・梁は無垢材、断熱材はセルロースファイバー、壁は珪藻土…自然素材をふんだんに使うことも『樹ごこちの家』の特徴。もちろん太い柱などで耐震面に関しても頑丈で安心だ。「大黒柱と梁が太いのには驚きましたね。リビングにねころがって上を見上げ、梁を見るのも好きです(笑)」。
家の素材、間取り、構造といった大きなポイントに加え、細部も見逃せない。壁のニッチ、和室の腰板、随所に見られる格子のデザイン…[篠原建設]の細やかな提案が家の個性を作り出している。

ご夫妻のやさしさをカタチに
あたたかな『樹ごこちの家』

寝室には自由にレイアウトできる棚が置かれ、リラックスタイムを演出する

前述の廊下の広さには大切な意味がある。「両親と住むようになった時、車いすでも移動できるように廊下もトイレも広くしていただきました。壁には、いつでも手すりがつけられるように内側に板がついているんです」。また、家にはお子さんに対する想いも込められている。「子どもたちが走り回って遊べる空間にするのも大きな希望でした」。ご夫妻のやさしさを受けとめ、『樹ごこちの家』はよりあたたかな空間になれたようだ。

ウォークインクローゼットの一角にはお二人のワーキングスペースがある

「お姉ちゃんは一緒にぞうきんがけをやってくれるようになったんですよ。家族の会話も増えました」と笑う奥様の横でご主人は「僕はDIYみたいなことも始めました」。新しい家は家族に楽しい変化をもたらしている。「木の色合いもいい感じに変わっていくのでしょうね(笑)」。[篠原建設]とのおつきあいはさらに続いていく。

この建築を手がけた会社

  • 樹ごこちの家 株式会社 篠原建設
  • 〒822-0122  福岡県宮若市下837-4
  • 0949-52-2631
  • http://www.kigokochi.jp