快適・安心で経済性に優れた すっきりとシンプルな平屋

住まい環境の改善とお子さんの未来を考え、 快適・安心な家づくりを目指したKさん夫妻。 同じ想いを持つ[想家工房]との出会いもあり スタイリッシュなデザインで経済性に優れた 大空間の開放感を持つ平屋が生まれました。

『魔法瓶断熱工法』による
快適と経済性が両立した空間

「私たちが家に対して一番に求めたのは、安全で快適な家であること、子どもたちと安心してくらせる家であるということでした。そんな私たちの願いと、想家工房が目指す家づくりへの想いは同じだったんです。上田社長は見た目は怖そうですが(笑)、家づくりにとても熱心な方。細かな質問にも一つ一つ理路整然と答えてくれて信頼することができましたね」。そうお話してくださるKさん夫妻は、新居で暮らし始めて半年。驚きもある快適な時間を過ごされているのだそうだ。「リビングのエアコンは前の家からもってきた10畳用くらいのものを使っているのですが、まったく問題ないんです。このリビングは30畳あって、天井も高いのにですよ! 光熱費も思ったより安くて、ランニングコストまで考えると経済的な家だと思いますよ。でも、まだ使いこなせていないかもしれません(笑)。窓の開け方によって最適な風の通り方もあるんです」。家本来の性能を重視する[想家工房]がつくりあげたのは『魔法瓶断熱工法』。太陽の光や熱、風をコントロールし、高断熱・高気密・計画換気で家全体での温度差を3度以内にすることを実現している。Kさん宅も住み心地がいいことに加えてコストパフォーマンスに優れた家なのだ。

白ベースと無垢材が調和する
スタイリッシュなデザイン

キッチンまわりも白色を基調にしたシンプルなデザイン。さりげなく置かれた植物のグリーンがより瑞々しく際立つ

Kさん宅は家としての基本性能とともにデザイン性も高い。「一番のお願いは〝すっきりとシンプルに〟でしたね」。外観も室内も白色をベースにしたスタイリッシュなデザインで、無垢材のあたたかみがより際立つ。大きな勾配天井のLDKは広がりを感じさせゆったりとしている。LDKにつながる和室も白引戸でLDKと違和感なくとけ込んでいる。「エアコンも大きなニッチのようなスペースに納められていて、部屋の中にでっぱりがなくていいですね。それに廊下がない家なので、空間の一体感があります」。ダイニングの横に置かれた造作の大きな本棚もKさんたっての希望。奥のスタディスペースの目隠しにもなっているが、背板をつけないことで明るさと抜け感を演出している。

オシャレな和室は、「僕が畳の上でごろごろするのが好きだし、両親のことも考えてをつくっていただきました」とのこと
大きな片流れの屋根の下に約9帖のウッドデッキを配置。お子さんたちが十分に駆け回って遊べる広さだ。寝転がるのも気持ちいい

理想の家づくりの秘訣は
要望を具体的に伝えること

「2人入っても狭さを感じないように、洗面所を広くすることも希望しました」。洗面所にいたるまで家全体が統一感のあるデザインだ

リビングとウッドデッキは、家族が一緒に時間を過ごす大切な場所。そこに一家の笑顔が広がるのは、[想家工房]との家づくりが成功したからだ。成功の秘訣として、「自分たちができるだけイメージをしっかり持ち、要望をできるだけ曖昧にしないほうがいいと思います。具体的な要望には具体的な答えを返していただけますから」と教えていただいた。
「春になったら庭をきれいにしたいし、畑もやりたいですね。この間、ちょっと耕しましたよ(笑)。家が新しくなるとやりたいことがでてきますね!」とやる気満々のご夫妻。家づくりと同様に、これからの暮らしにも楽しいことがたくさん待っているようだ。

この建築を手がけた会社