快適な住み心地って一番大事! 家族も喜ぶ“長く住める家

新しく家を建て替えた5人暮らしのMさんファミリー。 実はご主人、家づくりのプロ[ホームラボ]のスタッフ! 自身の経験と同僚の意見、自社の強みを生かして、 家族みんなが大満足のマイホームを完成させました。 経験豊かなMさんに、家づくりの 真髄を聞いてみましょう。

[ホームラボ]で良かった!
プロが感動した住み心地

 

ご自宅に伺ったM邸のご主人は、[ホームラボ]のスタッフ。しかも戸建ての暮らしは今回で2度目だそう!「ホームラボで家を建てたお客さまから、度々〝良いよ!〟とお墨付きをもらっていたので知ってはいましたが…、住んでみて納得! 前の家と比べて、格段に住み心地が良い! いやぁ過去の経験を踏まえて、快適さって大事だなと痛感しました」とご主人。前の家は築4〜5年目から劣化が進み、冬になるとヒーターの前が争奪戦になるほど寒かったとか。今は暖房1台を1時間ほどつけておけば家全体が暖かくなり、〝高気密・高断熱〟の威力を実感している。「玄関を開けた瞬間から、暖かさが伝わります。床が無垢材だから蓄熱効果もあるんでしょうね、部屋間の寒暖差がないんですよ」。〝住み心地〟はこの先何年も何十年も続くもの。だからこそ、後悔しないように機能性や強度にはしっかりこだわるべき。「ようやく安心して、子ども達へと渡せる〝長く住める家〟ができた」とホッとした表情のご主人。ちなみに、ひと続きのLDKの場合、長辺8〜9mが主流のところ、M邸は10mを確保!「子ども3人が大きくなっても空間に圧迫感がないようにです。ゆったりできるからか、みんな自然と1階に集まりますね」。こうして思い入れのあるダイニングテーブルを囲み、今日もにぎやかな食卓の時間を楽しむ。

スタッフ全員のアドバイスで
完璧な理想空間ができました!

家に飾りたいもの、やりたいこと、家族が好きなもの。これらが明確だったのがM邸の完成度の高さにつながっている。「前の家が規格住宅だったので、今回は家族の好きなものや憧れを形にして、満足できる家にできたらと思いました」とご主人。その中でも内装のデザインや使う素材、間取りについては、家族が[ホームラボ]のスタッフ全員からアドバイスをもらい、随所に反映した。グレー×ブラック×ウォールナットの落ち着いたカラーで、スタイリッシュなムードを家全体に統一。

そしてウォールシェルフやショーケースを設け、奥さまが独身の頃からコレクションしてきたカップ&ソーサーやオブジェをディスプレイしている。「キッチンに立ちながら子どもたちと会話できるのが嬉しいです」と奥さま。リビングに集まるこの風景は、子どもが大人になっても変わることなく、穏和な空気感とともに続いていくことだろう。

吹き抜けとつながる2階のフリースペースは子どもたちの遊び場。この空間を設けることで、リビングの整理整頓をキープできるのだとか

この建築を手がけた会社

  • 株式会社 ホームラボ
  • 〒839-0809  福岡県久留米市東合川7-6-7 1F
  • 0942-45-6061
  • http://www.homelabo.com