将来のことを考えて木造平屋建てに 家の中を回遊できる暮らしやすい家

おうちを建てて、 念願の犬を飼い始めたTさんファミリー。 隣に住むおじいちゃんとおばあちゃんも大喜びで 「お庭にドッグランをつくりたい」と 夢はますます広がっています―。

使い勝手の良い引き戸で
平屋の持ち味を活かす間取り

「試行錯誤しただけあって、家とこの間取りをとても気に入っています」とご夫妻。理想の間取りを完成させるのに、2か月半ほどかけたとか。最初は、2階建ての家をつくろうと計画を立てたが、先に家を建てた友だちの話を聞くうちに平屋に変更。「2階に子ども部屋をつくったけど、子どもたちはリビングで過ごすことが多いという体験談を聞き、また実家に置き変えても、わたしと兄が家を出た後、両親はわたしたちの部屋がある2階をほとんど活用していないことを思い出して、またわたしたちが高齢になったときのことも考慮して、平屋にすることに決めました」。
子どもたちの部屋とトイレを除いて、部屋の扉はすべて引き戸。普段は開けっ放しにして空間を広くしたり、夏はエアコンの涼しい風を隣の部屋にも行き渡らせるなど、このアイデアは大正解。また、回遊式の間取りは家事の効率も上がり、愛犬のレオンくんものびのびと家の中を走り回っている。

「キッチンはわたし好みのウッド調でコーディネートしました」と奥さま。天井の壁紙は現場監督さんが薦めてくれたモノをセレクト

樹木本来の力を引き出す
そのコンセプトに共感

[トリカイホーム]といえば、自然素材をふんだんに取り入れた家づくりが自慢で、腰板を使ったリビングが特徴のひとつでもある工務店。しかし、Tさんのお宅を見てみると、白を基調とした壁を採用している。ご主人に話を伺うと「僕はモノトーンが好きなので、リビングは僕好みにしたんです。腰板は玄関と息子の部屋に取り入れました」。外から見るとモダンな印象で、玄関を開けると和の雰囲気もあり、リビングに入るとモノトーンの空間が広がるTさんのおうち。印象の違いを楽しめる工夫を随所に散りばめた。
施工中は週に2~3回は工事現場に顔を出し、大工さんともすっかり仲良くなったというご夫妻。さり気ない会話のやり取りから、リビングにあるニッチが生まれ、テレビボードまでつくってもらったという。そのニッチには、現在、奥さまが選んだ小物がかわいらしくディスプレイされ、家族4人で過ごすリビングに彩りを添えている。

上/配線が見えないように施したテレビボードと、リビングで寛ぐご一家。 下/寝室奥には大容量のクローゼットを完備
洗濯物の仮置きができる稼動棚がある脱衣所と、カフェテイストのトイレ。テラコッタタイル調と右一面のみに配したイエローの壁がポイント
青みがかったグレーと白のコントラストがモダンな外観。この外観は、ご主人がインターネットで見つけたお気に入りの形なのだとか

 

この建築を手がけた会社

  • トリカイホーム 鳥飼建設株式会社
  • 〒841-0204  佐賀県三養基郡基山町宮浦991-2
  • 0942-92-2020
  • http://www.torikaiken.co.jp