光が射し込み風が通り抜ける
心地よく豊かな暮らしを実現

家づくりを白紙に戻そうかと悩んだとき [住工房プラスアルファ]に出合ったTさんご夫妻。 価格を抑えつつも、想いをカタチにしてくれる 安心して委ねられるビルダーに出合えたことで 思い描いていた理想の家が完成しました。

一生に一度の家づくりは 妥協をせずに取り組みたい

結婚直後からいつかは自分たちの家を持ちたいと考えていたTさんご夫妻。奥さまは中古でも建売でも価格が抑えられればいいと考えていたものの、ご主人は一生に一度の大きな買い物だからこそ、妥協せず自分たち仕様の家にしたいという想いが強かったという。

ご主人の仕事柄、九州各地への転勤があり、ここに越してくる前は大分市内に住んでいたTさんファミリー。長男が小学校に入学するタイミングで家を建てようと2年ほど前から土地を探し始めた。 「私も主人も実家が福岡にあるものの、ほかの兄弟が県外にいるので、私たちは福岡で家を建てようということは決めていました。主人は現在、単身赴任中ですが、今後もそうなる可能性があることも考え、私の実家に近いこの場所に建てることにしました」と、奥さまは当時を振り返る。土地が決まり、次は具体的なプランを決めていく段階。Tさんご夫妻は、もともと別のハウスビルダーで建てることに決めていたのだが、ここへきて暗雲が漂い始める。

価格を抑えつつ やりたいことを実現できる

「友人がそのビルダーさんで建てていて、好きな雰囲気でしたし、担当の方もとてもいい方だったのですが、具体的にプランを組み立てていく中で、当初の予算で収まらなくなってきて。私が不安になってしまったんです。夫婦で話し合って、一度白紙に戻そうかともなりましたが、ほかのビルダーさんも見てみようとなり、あらためていくつかの展示場などを見てまわりました」と、奥さま。その中で、ピンときたのが[住工房プラスアルファ]だったという。

「担当の上野さんは、〝こんなことできますか?〟と聞くと、殆どのことに対して〝できますよ〟と言ってくださいました。アドバイスも的確で、しかもプランを出していただいたら、想定よりもかなり安かったんです」。

建築士の資格を持ったスタッフが対応する同社だからこそ、想いをしっかり汲み取った提案ができるというもの。価格は抑えつつ、やりたいことを実現できることに、Tさんご夫妻は大きな信頼を寄せた。  玄関を入るとすぐの場所に鍵などを置いておく棚がある。実はこの棚、ご主人の書斎の入口となる扉なのだ。「小さな書斎が欲しいと思っていて、せっかくつくるなら忍者屋敷にあるような隠し部屋にしたかったんです」とご主人。そんな遊び心をもカタチにしてしまうのだから、さすがの一言。黒を基調とした落ち着いた空間は集中力が高まるそうで、持ち帰った仕事をしたり、靴を磨いたりしているという。また、照明やスイッチなどはインテリアショップやインターネットで探すなど、今回の家づくりでは、自分たちで選ぶ楽しさも実感できたと、ご夫妻はいう。見学会などを見ていくうちに、自由度の高さを感じられたのも、ご夫妻にとっては大きな魅力だった。

週末も自宅で過ごしたい 心地よい住まいに大満足

この家で暮らし始めて約1年。「こうしておけばよかった」と感じることは一つもないというほど、Tさんご夫妻は大満足の様子。「子どもたちものびのびできるし、この子たちの祖父母もよく遊びにきてくれています」と奥さま。

ご主人は、単身赴任先から週末になると帰宅するという状況だが、以前に比べて家で過ごすことが増えたという。「以前は休日になると外出することが殆どでしたが、今はデッキでBBQをしたり、庭でサッカーをしたりしています。リビングには100インチのプロジェクターを設置しているので、映画やスポーツを観ることも多いです」と、ご主人。天気のいい日は、ダイニングテーブルをデッキに出して、外で食事を楽しんだりもしているそう。

車通りも少なく、時折、鳥のさえずりや風の音が聴こえてくる。デッキで本を読んだり、お風呂上りに涼んだり。想い描いていた理想の家で、思い思いの時間を楽しむTさんファミリー。誰もが憧れる豊かな暮らしがここにある。

この建築を手がけた会社