自宅にスタジオ、ショップを合体 毎日のくらしがもっと充実!

ヨガインストラクターとして活躍しつつ 2人の男の子の子育てにも大忙し。 どちらも妥協したくないという思いから スタジオと自宅、合体型の家を新築。 もちろん、こだわり満載です。

家族との時間を
もっと大切にしたい!

家の中に生まれた、思わぬ“遊び場”に、長男のSくんも大興奮。「自然とトレーニングになっているんです」と奥さま

ヨガ・ピラティスのインストラクターとして、幅広い世代の女性、また妊娠中のママへの指導にもあたる奥さま。以前は賃貸マンションに住み、スタジオを別に借りて通勤していたが、「家賃や時間がもったいない!」と、スタジオを兼ねた家づくりを決意。そのパートナーに[ホームラボ] を選んだのには、奥さまなりのこだわりがあった。
「スタジオに対する思いも強いですし、細やかな対応をしてくれるところが良かったんです。それから絶対、地元の工務店さんにお願いしたいと。私たち自身が商売をしていることもあって、〝地場企業を応援したい!〟という思いもありました」。
それらをキーワードに地元の工務店を調べ、手がけてきた家の雰囲気、スタッフの対応に惹かれたのが[ホームラボ]だった。

入口を入ってすぐにショップ。左手に更衣室、右手にスタジオ。奥は自宅につながっている

 

スタジオ、ショップ以外に
将来も視野に入れた間取り

打ち合わせを重ねながら、数パターンの間取りを検討したというWさん。結果的に選んだのが、1階にスタジオとショップ、子ども部屋、2階にLDKと主寝室、洗面・バスを置くというプランだった。スタジオはグリーンのマットを敷き詰めたナチュラルな空間に。久留米でもまだ数少ないというシルクサスペンションを吊るための梁も設けた。「コンパクトですが、様々なレッスンに対応できるよう、工夫しました」。
また1階に設けた子ども部屋については「まだ子どもが小さいので、最近はホームスティの学生を受け入れました。将来的にはクラスのレッスン生の合宿ルームにも使えるかな? と思っています」。
将来のライフスタイルも視野に入れた間取り、奥さまも大満足!

上/スタジオ内には、ヨガやピラティスに使う道具をすっきり納める棚も設置。 下/梁の強度などについて、建築士に相談しながら進めた
スタジオの向かいにはロッカーを完備した更衣室も。半分をカーテンで仕切れば、授乳室としても使えるように

 

 

居住スペースは
家族みんなの癒しスポット

そんなM家の居住スペースは、広々としたLDKが自慢。
「全体が見渡せたほうが楽ですし、お掃除もしやすい。息子たちも走り回れて一石三鳥(笑)。ちなみに全部で35畳あるんですが、23畳用のエアコンでも十分室温をコントロールできるんです。気密性が本当にしっかりしているんだな、と実感します」。
雰囲気は1階と同様、ナチュラルなテイストに、やや落ち着いたムードもプラス。「もともと持っていた家具の雰囲気に合わせました。床のパイン材も、2階だけは色を塗ってあるんです。レッスンが終わって、2階に上がってくるだけで気分転換ができてホッとしますね」。
クローゼットを1箇所にまとめたり、洗濯ルームを1階に設けてパティオにすぐ干せるようにしたりと家事動線も完璧に。「家のこともレッスンも、両方バランス良くできるようになって嬉しい。決断して良かったです」。

アンティーク風の家具を主役に空間をコーディネート。床は裸足に気持ちいいパイン材
キッチン、ダイニング、リビングひと続きに。キッチンに立ちながら全体を見渡せるところがお気に入り
キッチンの両側を開けて動線を確保。後ろには大容量の収納も。手前扉は食品庫

この建築を手がけた会社

  • 株式会社 ホームラボ
  • 〒839-0809  福岡県久留米市東合川7-6-7 1F
  • 0942-45-6061
  • http://www.homelabo.com