このコスパ、前代未聞!? 創エネが主軸の〝働く家〟

〝家計の負担を抑えた高性能な家が欲しい〟 そんな家族の本音に応える家があったなら… 住宅エネルギーのプロ集団がお届けするのは、 エネルギー活用の賢いプランニングで 月々の収支がうれしくなる次世代型の家です。

住宅エネルギーで財テク!
お財布に〝余裕〟を生む家

屋根には太陽光パネル15kwを搭載! 充実の標準装備は豊富な実績を誇る同社ならでは

片流れの屋根のスタイリッシュな立ち姿が印象的な平屋の住まい。一見、人気のスタイルの新築住宅のようだが、実はここは高水準の断熱性能や耐震性能最高ランクの耐震等級3をはじめとする高い性能を誇るだけでなく〝創エネ〟を主体としたプランニングで家計を支える新しい視点で造られたモデルハウス。

この家をつくった[セトル]は、大工から電気施工技師まで多彩な職人を自社で抱えるプロ集団。太陽光を中心とした効率的な住宅エネルギーの活用を得意とする同社は〝家を建ててからは、建てる前以上に将来設計が大切。どうすればローンに追われない家づくりができるのだろう?〟という発想で考案したのが、今回のモデルハウス。屋根の上には一般家庭の平均消費電力の約3倍にあたる15kwの太陽光パネルを搭載。生み出したエネルギーは、オール電化や省エネを促す仕様で効果的に活用し、余分な電力はしっかり売電するのが蓄財のポイントだ。今回訪れたモデルハウスの場合、取材した5月の時点で気になる売電量は、光熱費を差し引いてもなんと約3万円分! 新居を考える多くの人は〝家を購入したからと、趣味や旅行など家族の夢を諦めたくない〟〝無理のないローンで生活水準を落としたくない〟というのが本音のはず。家族の将来設計も視野に入れたコストパフォーマンスの高いプランは、これから先の人生を楽しみたいと願うすべての家族にとって見逃せない住まいの形だ。

無駄を省いた設計で
見えないコストも最小限に

[セトル]のモットーは〝家からはじまる夢づくり〟。家を建てた後も豊かな暮らしを実現するため、住宅エネルギーだけでなく、家の資産価値を高める設計やランニングコストの縮小にも積極的に取り組む。

2020年までに新築住宅において標準化することが目標とされているZEHにおいても、すでに太陽パネルが標準仕様化されているため、認定基準を楽に満たすことが可能。また、屋根や外壁はガルバリウムを採用することで、スタイリッシュな印象と同時に、将来的なメンテナンスのコストもかからないというメリットも。

一方、間取りに関しては廊下などのスペースを削り、効率的な配置で広く空間を使うプランを提案。家の中心となるリビングを介して各部屋にアクセスすることで自然と家族の絆も育まれる。間取りに工夫を凝らすことで、31 ・5坪のコンパクトな建坪の中に開放感あふれる居心地のいい空間を生み出した。

経験や思い出に投資して
家族時間を一層豊かに

道具や食材で色があふれがちなキッチンは、シンプルな白を主体にコーディネートしてスッキリとした印象に

この日モデルハウスを訪れたのは、6歳と4歳の元気な兄弟を子育て中のSさん一家。これから子どもたちの成長に従って家庭学習や部活動、習い事など次第に家族の時間は取りづらくなっていくもの。そんな中でどのように家族の時間を作るのかが、Sさん一家にとっても重要なテーマだとか。

「子どもが自立するまでの貴重な家族時間を自由に楽しみたいし、老後も余裕を持って暮らしたい。そんなわがままをセトルなら叶えられそう」とご主人も太鼓判。エネルギーのプロとして創エネから売電までのサポート体制も万全。エネルギーを活用した環境と家族と家計に優しい家づくりは、賢い家族の豊かな明日を支える。

この建築を手がけた会社